ニュース
» 2018年02月13日 11時00分 公開

保育園の空きがないから魔王討伐に行けない RPG風漫画「伝説のお母さん」がファンタジーなのにやたらとリアル

子育てと魔王を倒す旅、両立なるか!?

[林美由紀,ねとらぼ]

 ファンタジー作品の中で無事魔王を倒した後の勇者たちは、その後どうしているのでしょうか。数々の死闘を繰り広げた旅が終わり、一般男性と結婚して、子どもを設け、幸せに暮らす元魔法使いのもとに再び旅に出て復活した魔王を倒すよう命令が……子育てと魔王討伐の両立に悩む母親の漫画「伝説のお母さん」がファンタジーなのに妙にリアルで、子育てママ、ワーキングママあるあるな内容となっています。

 漫画の作者は、かねもとのむくうさん。自身のブログやTwitter(@kanemotonomukuu)で、育児の絵日記を中心に創作漫画なども公開しています。

 「伝説のお母さん」1話は復活した魔王を倒すよう、勇者一行に国王から再結成の命令が下るところから始まります。連絡を受けた元魔法使いは……参加したいのはやまやまだけど保育園に空きがないんです、と待機児童を抱えており、保活の激戦区に住んでること、0歳児の途中入園は絶望的であることを訴えます。保育園の申し込みは11月。「なんで魔王11月までに復活してくれなかったんですか!?」と切実な叫びが響き渡ります。


伝説のお母さん1 倒したはずの魔法が復活。招集命令が来たけど


伝説のお母さん2 保活の激戦区で子どもを保育園に預けられない……

 その後のお話ではお城の人が元魔法使いの説得にやって来ます。現役時代とはすっかり変わってしまった産後太りの姿を見て、戦うのは難しそうだと感じるのですが……出現したゴキブリを即座に魔法で倒すのを見て「家で眠らせておくのはもったいない力」と告げて去ります。

 仕事から帰った旦那さんに、魔王討伐について相談しようとした元魔法使いですが、返ってきた反応は「えええ、子どもどうするんだよ。俺も仕事あるし……お前が行かなくたっていいだろ?」。そうですよねぇ……と相談を諦めてしまう元魔法使いなのでした。


伝説のお母さん3 お城の人が魔法使いに復帰してほしいと説得に来ました


伝説のお母さん4 見た目の印象に比べて勘が鈍ってない感じ


伝説のお母さん5 「家で眠らせておくにはもったいない」


伝説のお母さん6 旦那さんの反応、あるある

 4話では、日常と魔王討伐の旅の間で揺れ動く元魔法使いが、ついに保活を開始する様子が描かれています。子育て担当課に相談にいくも、担当に保育園は満員で100人待ち、入所は厳しいことを告げられます。そして、たとえ待機したとしても、保育の必要度によって優先順位が変わるので、100番目に入れるわけではないという説明も。無事、子どもを保育園に入れることができるのか、魔王との戦いはどうなるのか……。


伝説のお母さん7 保活開始。役所に行く


伝説のお母さん8 待機児童100人


伝説のお母さん9 100人待ちだけど優先順位は入れ替わるので、100番目に入れるわけではない

 このあとも子連れでモンスター退治に行ったり、ある力で夫が専業主夫になったり、野心家っぽい後輩魔法使いが現れたりなど、波乱の展開。かねもとさんのブログやTwitter(@kanemotonomukuu)で読むことができます。

 地域にもよりますが、働くママ、働きたいママにとって保活問題は深刻。世界を救えるくらいの有能な人材が、子どもを保育園に預けられないせいで活躍できない社会ではなく、子どもがいても胸を張って世界のために戦える、そんな世の中になるといいのにな。

画像提供:かねもとのむくうさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響