ぬぉぉぉ、何だこのトンネルは! あの「氷川丸」の非公開エリアへ潜入、実はこんなにスゴい船だった(1/3 ページ)

ワレ 氷川丸 ノ ドン底 ニ 潜入 セリ。モトヨリ 生還 ヲ 期セズ。【写真170枚超】

» 2018年02月17日 10時00分 公開
[長浜和也ねとらぼ]

 皆さん「日本郵船 氷川丸(以下、氷川丸)」をご存じでしょうか。横浜・山下公園から見えるあの大きい船。実物、あるいはテレビや雑誌などで一度は目にしたこと、聞いたことがあるでしょう。

横浜港の特設桟橋に係留保存されている氷川丸

 氷川丸は1930年(昭和5年)に、横浜船渠(せんきょ)で竣工(しゅんこう)された日本郵船の貨客船です。横浜船渠は今の三菱重工業 横浜製作所に当たります。全長163.3メートル、総トン数1万1622トン、船速18.38ノットと、当時としては日本郵船 浅間丸型(1927年竣工、全長170.68メートル、総トン数1万6947トン、船速18ノット)に次ぐ大型客船として、日本の主要港と北米シアトルを結ぶ航路に就航しました。そして、太平洋戦争が始まる直前の1941年11月に海軍の病院船として従軍。触雷(機雷に触れてしまうこと)で3度も被害を受けたものの、沈没することなく生き残りました。

 戦後は「日本を代表する貨客船」として1953年からシアトル航路に返り咲きます。しかし、主要な移動手段が船から旅客機へ変わる時代の流れとともに、氷川丸は1960年にシアトル航路から退き、また、貨客船としても引退します。日本郵船は氷川丸をそのまま解体する予定でしたが、当時の横浜市長が係留保存した上で一般公開するように提案。こうして氷川丸は現在の山下公園の特設桟橋に係留され、また、内部も見学できる施設として活用されています。

 なお公開当初は修学旅行生などを対象にした600人宿泊可能なユースホステルとして、さらには納涼イベントや船上結婚式など、観光施設としての利用が多かったそうです。2006年から2008年にかけて大規模な修復工事を行い、北米航路時代を再現する内装に仕立てたことで、史料価値の高い博物館としての役割を果たすようになりました。ちなみに国の重要文化財に指定されています。

今は国指定重要文化財として一般公開している

 こんな歴史的価値がある氷川丸。その所有者である日本郵船は去る2月15日、「氷川丸非公開エリアの見学会」を実施しました。通常は立ち入れない秘密のエリアを公開するとあって、多くの見学希望者が来場。筆者も参加してきました。

船内見学を待つ大行列

「北米航路全盛期の船旅時代」を再現した氷川丸の内部

 氷川丸は2018年現在、戦前の北米航路全盛期における客船の船旅を再現した内部を一般公開しています。その内容は、フランスのマルク・シモンによるアールデコ調の当時の内装を再現した公室や船室を中心に、操舵室や無線室、機関室、さらには船長室と、戦前に建造された大型貨客船として唯一現存する艤装(ぎそう:船として機能するために必要な設備や装置、またはそれを取り付ける工程)、舶用装置など貴重な史料をつぶさに見ることができます。

 公室は、一等食堂から一等社交室、一等読書室、一等喫煙室、そして一等児童室まで、上流階級の船客専用の「最も力を入れて内装を整えていたところ」です。船室は、一等特別室に一等客室、さらに、一般船客が利用する三等客室(現代の旅客機でいうところのエコノミーシート)を見学できます。

内装と色彩が竣工当時のまま保存されている一等食堂
男性だけでなく女性も利用することが多かった一等社交室
一等読書室には書見机を用意していた。レイアウトもほぼ図面通りに再現している
一等喫煙室は男性専用の談話室という位置づけだった。当時の欧米では食堂でディナーを終えたのち、男性は喫煙室で、女性は社交室にそれぞれ分かれて談話する習わしがあった
一等船客の子息だけを預かる一等児童室
氷川丸で最上級の船室となる一等特別室
一等客室
三等客室

 操舵室には、1950年(昭和30年)代までに開発された舶用機器があり、大きな舵輪や羅針盤、煙式の火災報知機といったものからレーダーまで幅広い時代の機器がそろっています。こういったところも設備好きにはたまりません。また、採用した船で現存するのは氷川丸だけという「リベット工法」(鉄板をつなぎ合わせるのに、溶接ではなく鋲を打つ工法)や建造当初のチーク材が一部残っている「木甲板」なども確認できます。

氷川丸の操舵室
羅針盤と転輪羅針儀リピーター、舵角指示器と舵輪の組み合わせ。今ふうにいうと操船コックピット
無線方位測定用のループアンテナとレーダーマストトップに設置した水上見張りレーダー
N1デッキ天面から見えるリベット
同じくN1デッキ床面に敷き詰めてあるチーク材は、竣工当時(1930年)からあるもの
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/19/news030.jpg 母「TOEIC800点取れたら800万貸したげるわ笑」→800点取った猛者が現る その後のやりとりに「つ、強い……」「母かわいすぎんか?」
  3. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. /nl/articles/2407/18/news050.jpg 若者「新札の5000円札貰いましたよ!」→まさかの正体にツッコミ殺到 「どこに眠ってたんだ」「逆にレア」
  5. /nl/articles/2407/19/news014.jpg 父に大好物、“金目鯛の頭”を煮て出したら……ふと漏らした“言葉”が194万表示 「胸にじんわり、くる」「荒んだ心に刺さった」と反響多数
  6. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  7. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  8. /nl/articles/2407/19/news018.jpg 1歳赤ちゃん、大好きすぎるパパを見送ろうとしたが…… 130万再生のけなげな姿に「涙が出た」「お仕事行けなくなるやつや」
  9. /nl/articles/2407/18/news167.jpg 妹が「実はモビルスーツだった」 兄の衝撃(?)投稿にネタ返信続々 ガンダムオタク過ぎるレスに「詳しすぎ」「好きになったわwww」
  10. /nl/articles/2407/19/news109.jpg おかもとまりの夫、妻の看病が続き「僕の気が滅入ってしまいます」 5年間服用のピルを辞め体調不良続く
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」