連載
» 2018年02月22日 18時00分 公開

悪の組織も「稟議」を通す時代 「HUGっと!プリキュア」のクライアス社が社会人をザワつかせるサラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

「HUGっと!プリキュア」、育児の丁寧な描写が光ります。

[kasumi,ねとらぼ]

 「HUGっと!プリキュア」が2018年2月4日に始まりました。

 元気なキャラクターが画面いっぱいに動き回る明るい作風は、まさに佐藤順一、座古明史両監督の成せる技なのではないでしょうか。

 HUGっと!プリキュアは「子育て」と「お仕事」をテーマにした作品で、第3話までで2人のプリキュアが誕生しました。2人目のプリキュア、キュアアンジュが本当に天使のようでネットが騒然としています。

HUGっと!プリキュア キュアアンジュ 第2話で仲間になった「キュアアンジュ」。天使

 また、敵対組織「クライアス社」の描写が企業用語満載で、日曜日のお父さんお母さんに衝撃を与えています。

 そこでスタートダッシュを見事に決めた2月の「HUGっと!プリキュア」を振り返りつつ、話題となった敵組織「クライアス社」について少し語っていこうかと思います。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



ワンオペ育児の否定

HUGっと!プリキュア はぐたん 子育て プリキュア達が育てることになった赤ちゃん「はぐたん」

 HUGっと!プリキュア、「子育て」と「お仕事」がテーマということで番組開始前には、一部界隈(かいわい)で「女性に育児を押し付けているのでは?」「子育ては遊びではない」などの不穏な意見もあったようです。

 しかし、いざ始まってしまえば、そんな意見はなんのその。

 第3話までに、たくさんの子育て要素が「丁寧な描写」で描かれました。

(自分の観測範囲では「HUGっと!プリキュア」の子育て描写は良好で、悪い意見はほとんど聞きません)。

 第1話で「キュアエール」となり、赤ちゃんを育てることになった中学2年生の「野乃はな」ちゃん。

 はなちゃんは当初「カッコイイから」という理由で一人でプリキュア活動をしようとします。

 今作において「プリキュアの活動を1人でする」ということは「子育てを一人でする」という宣言です。

HUGっと!プリキュア はぐたん 子育て 「はぐたん」を育てるのは大変

 しかし、早々にワンオペ育児は破綻します。とても一人で育児は無理、と判断したはなちゃん、きちんと周りに助けを求めました。

 そう。ワンオペ育児は行き詰まるのです。

 「育児に困ったら、一人で抱え込まずに誰かに助けを求めよう」というメッセージを第2話にして発信したのです。しかも「イクメン男子」がきちんと赤ちゃんのお世話をします。

 また、一緒に育児をすることになった2人目のプリキュア、キュアアンジュ「薬師寺さあや」ちゃん。さすがにミルクの作り方が分からないので、インターネットでミルクの作り方を調べました。

 そう。「育児に困ったらネットに頼っても良い」のです(ただ、ネットの情報は玉石混淆なので、その辺りの描写もあると良いのですが……)。

 薬師寺さあやちゃんが決して「何でも知っている万能キャラ」ではなく、「知らないことは調べよう」という動機付けのキャラクターなのも良いですよね。

 子育ては(自分もやってみて分かったのですが)知らないことばかりなのです。いろいろ調べて、先人の知恵も借りて、他人を頼ってようやくなんとかなるレベルです。

 「抱え込まずに、調べて、誰かに頼る」をたった2話の間で見事に描写しました。

 そして第3話においては子育て経験のある、はなちゃんのお母さんにより、泣き止まない「はぐたん」に対して「赤ちゃんは心臓の音を聞かせると落ち着く」といった知識が示されました(子育て経験のある母親、父親ならば「そうそう、その通り」って思ったと思います。僕も思いました)。

 子育てには「知識だけではなく、経験も大切」ってことですよね。

HUGっと!プリキュア プリキュアにはめずらしい「だっこひも」を付ける描写のあった第3話

 「HUGっと!プリキュア」は開始からわずか3話の間で、

1:ワンオペ育児は無理です
2:育児に困ったら、他人に頼ろう
3:育児で分からないことがあったら調べよう
4:インターネットも有効活用しよう
5:先輩お母さんの意見は大事
6:知識だけではなく、経験も大切

といった子育てに関するトピックスを、子どもたちと子育て中のお母さん、お父さんへと伝えていたのです。

 これ、結構すごいことなのじゃないかと思います。

HUGっと!プリキュア 子育て ワンオペではなく、みんなで育児をする

私にできないことが、あなたにはできます

 第2話で薬師寺さあやちゃんがマザーテレサの言葉を借りて言います。

 「私にできないことがあなたにはできます。あなたにできないことが私にはできます。力を合わせれば、素晴らしいことが、きっとできるでしょう」。

 まさに「HUGっと!プリキュア」のスタートを象徴しているセリフだと思います。

 その他にもこの3話の間で、

「(呼び方は)委員長で良いよ」に対し、「委員長と話してるんじゃないもん。さあやちゃんと話しているんだもん」

「ほめられたら“ありがとう”だよ」

などの子ども向けアニメとしてすてきなセリフが随所に見られました。

 HUGっと!プリキュア、第3話まででは「子育て」の要素を前面に押し出してきました。さらにこの先、育児に加えて「お仕事」の要素が入ってくると聞きます。

 子育てに、ワーキングマザー問題に、母親の社会参加の問題。

 どんどん描写が難しくなってくると思います。しかし第3話までを理想的にこなしたスタッフです。きっとこの先も、女児にもお母さんにもお父さんにも分かりやすく楽しく、しかもカッコイイお話を展開していってくれるものと思います。楽しみですよね。あと、プリキュアが本当に「元気」なのもすてきです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」