メディア
連載
» 2018年02月22日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:悪の組織も「稟議」を通す時代 「HUGっと!プリキュア」のクライアス社が社会人をザワつかせる (2/2)

[kasumi,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

クライアス社が話題に

 さて、HUGっと!プリキュアの敵は「クライアス社」という会社組織です(「暗い明日」って意味でしょうか?)。

 この敵組織、番組開始と同時にネット上で大きな話題となりました。

・プリキュアを倒しに行くのには「稟議」を通さないといけない
・怪物を呼びだすのは「発注」業務
・怪物が倒されると「ヤメサセテモライマース」といって消えていく
・失敗したら「始末書」を書かないといけない
・報告書を上司から催促される
・やる気が失せたから「直帰」する幹部社員

などの、お仕事ワード満載で、日曜の朝に子どもと一緒にプリキュアをみているお父さん、お母さんには胃が痛くなるような描写がたくさん出てきました。

 クライアス社は会社のWebサイトもあります。

 なんと、日本経済新聞社発行の「日経MJ」にも取り上げられるレベルです。

 このクライアス社、Webサイトによると企業理念は「ミライクリスタルの獲得と未来の消滅」とのこと。

 そしてミライクリスタルを獲得すべく、第3話までは「チャラリート」という社員がプリキュアに襲い掛かりました。

HUGっと!プリキュア クライアス社 チャラリート クライアス社の社員チャラリート。名前の通り見た目もチャラい

 チャラチャラした感じのイケメンの敵キャラです。

(しかし、第3話までで既にプリキュアに3連敗しているので、この先ちょっと心配ではあります)。

 そんなチャラリートさんですが、2月15日に「衝撃の事実」が判明しました。

 公式サイトにて役職が「係長」であることが明かされたのです。

 これにはTwitterを始めネット上でも、


「え? チャラリート、係長だったの?」

「平社員かと思いきやまさかの係長!?」

「あの若さで係長とは相当なエリートだな」

「チャラいけど、エリート、それがチャラリート」

「やり手社員だったのか……」

「ちょっとまって、俺より出世してるんじゃねーか!」

「え? 僕より役職上なの……」


などさまざまな声が上がっていました。

 確かに、結構大企業っぽい感じのクライアス社で、服装自由であのチャラそうな外見、かつ20代っぽい若さで「係長職」なのは相当なエリート社員なのではないでしょうか?

HUGっと!プリキュア クライアス社 チャラリート 係長であることが判明したチャラリート

 事実、第3話ではチャラリートさん、社内では「個室が与えられて大きなフカフカのイスで仕事をしている」描写がありました。

 そもそも、「服装自由で、実力があれば若くても係長になれる」って、自分のブログにも書きましたが、クライアス社って案外ホワイト企業なのではないでしょうか?

 しかし実際のところ「係長職」ってどれくらいの年齢でなれるものなのでしょうか? また「大企業の係長」です。かなり年収も良いのではないでしょうか?

 ちょっと調べてみました。


係長職は平均43.9歳、年収638万円

 厚生労働が発表している「平成28年賃金構造基本統計調査 結果の概況」および「役職、年齢階級、勤続年数階級別所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額」のデータをまとめると、次のようになりました。

HUGっと!プリキュア 役職別収入

 男性の場合、「係長級」の平均は43.9歳で、月39.7万円のお給料、ボーナスが年間161.8万円あり、年収は638万円のようです。

(なんだか多いような気もしますが、これは中小企業から大企業まで込みのデータなので大企業が大きく引き上げている数字だとは思います)。

 「係長級」の平均年齢は43.9歳です。20代(?)で係長になっているチャラリートさんは、やはりかなりの「エリート社員」と言っても良いのではないでしょうか。

 また同資料「役職、年齢階級、勤続年数階級別所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額」内には「年齢別の係長の数」が出ています。

HUGっと!プリキュア 係長級の年齢別割合

 データを見ると、「100人以上規模の会社」には9万3379人の係長がいて、うち「20〜24歳の係長」は209人、割合にして0.2%です。「20〜29歳」までに幅を広げても2268人、2.4%です。

 20代で係長になれるのは2.4%以下と、相当な困難であることが統計データからも分かります。

 チャラリートさん、あんなのですけど、見た目で判断してはいけません。

 あの若さで年収640万円のスーパーエリート係長だったのです。

 すごいですよね。尊敬します(だって僕よりも年収が高……)。

 さて、そんなエリートサラリーマンのチャラリートさんですが、この先「HUGっと!プリキュア」の3人とどう絡んでいくのでしょうか?

 いくらエリートといえども、プリキュアには(多分)勝てないと思いますし、失敗が続けば社内での地位もどうなるか分かりません。焦って功を急がなければ良いのですけど……。

HUGっと!プリキュア ルールー アルバイト社員のルールーさん。何か秘密がありそう

 アルバイト社員であるルールーさんにも愛想を尽かされそうですし、チャラリートさん、ちょっとこの先心配です。


「子育てママ」の敵が「会社組織」であるということ

 今作はプリキュアに敵対するのが「会社組織」というのも面白い構図ですよね。

 「子育て、ワーキングマザー」を阻害するのは「会社組織」である、ってことです。

 プリキュアたちにもこの先「お仕事」要素が出てくる、と聞きます(エンディングソングでも「お仕事」を歌っていますしね)。

 「お仕事」「会社」「ワーキングマザー」。

 結構デリケートな話題だと思いますが、この先どのように展開していくのか楽しみです。

HUGっと!プリキュア

 第3話の段階、まだ16分の1が終わったにすぎない「HUGっと!プリキュア」。

 それでいて、この密度です。

 この先、どんな展開が待ち受けているのでしょうか? 目が離せませんよね。

 「HUGっと!プリキュア」は子どもはもちろんのこと、大人も十分に楽しめる作風になっていて、日曜日の朝が楽しみです。

 しかし、チャラリートさん、お仕事楽しそうだし、収入も高そうだし、かわいい部下もいるし……いいよなぁ……。

 僕もクライアス社に転職しようかなぁ……。


「HUGっと!プリキュア」
毎週日曜8時30分より
ABC・テレビ朝日系列にて放送中
(C)ABC-A・東映アニメーション

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.