ニュース
» 2018年02月23日 17時45分 公開

おじいさんの手作りドールハウスが家具から風呂まで昭和仕様 昔暮らした家と錯覚しそう

シルバニアファミリーと組み合わせると……案外合う?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 木製のタンスや座卓、緑一面のじゅうたんや独特の模様が広がる床――昭和40〜50年代の暮らしを思わせる住居の写真がTwitterで話題となりました。しかしこれ全部、建物ではなく精巧なドールハウス。昔自宅や友人宅で見たような、当時の風景がよみがえるできばえです。


内装 じゅうたんの色合いや玄関の敷石など、雰囲気が完全に昭和。壁にはビックリマンチョコのオマケ「かわりんごシール」が

内装 足にカーブのかかった座卓など、よく見ると細部まで精密に作り込まれていることが分かる

 投稿主は、会社勤めをしつつライターや写真家としても活動している萩原雅紀(@damsite)さん。妻が子どものころにシルバニアファミリーの家が欲しいと言ったら、彼女のおじいさんが作ってくれたものだそうです。外装・内装から家具に至るまで、食器以外は全て手作り。彼は職人やデザイン系の専門職ではなく、趣味の日曜大工で培った腕だけで仕上げたのだそうです。DIYってレベルじゃないな。


外装 外装はヘーベルハウス風

開放 パカッと開けると、こぢんまりとした間取りの部屋が

風呂 水色のタイルがていねいに貼り付けられた、お風呂場の仕上がりも完璧

 実際にシルバニアファミリーの人形と合わせた写真も。同シリーズの発売は昭和末期の1985年なので筆者の感覚と若干のズレはありますが、時代がマッチしているようにも見えます。世界観は違いますが。


シルバニア 萩原さんは「雰囲気が合わなくてちょっとホラーっぽい」としていますが、構図がそう見せているのだと思います

 ツイートには、「祖父の家とそっくり」「本当に人が住んでいそう」「シルバニアファミリーの家は持っていたけど、こっちのほうが好き」「ちびまる子ちゃんの人形のほうが合いそう」など、さまざまな感想が。おじいさんの愛情に感激する声も多数寄せられました。唯一無二の品ですし、子々孫々まで伝わったらステキだなと、勝手ながらに思います。

画像提供:萩原雅紀(@damsite)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」