ニュース
» 2018年02月24日 22時40分 公開

「ゆづる心に金メダル」「そだねー」熊本県警が素早く五輪ネタに対応 県警担当者の“警部”さんに聞いてみた

仕事早いねー。そだねー。カー女銅よくやったよー。そだねー

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 熊本県に設置された交通情報板がいち早くオリンピックネタに対応し、「仕事が早すぎ」「対応力高い」「座布団一枚!」と話題になっています。以前から何度か話題となっている熊本県警管理の道路情報板(関連記事)。あらためて、なぜこういった取り組みをしているのか、熊本県警本部の担当者に取材しました。

お先にどうぞ ゆづる心に金メダル安全運転大事だよね そだね〜 いち早く五輪ネタを取り入れた交通安全情報(画像提供:すずばやしさん)

 話題になっているのは「お先にどうぞ ゆづる心に金メダル」という平昌五輪・男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手にちなんだものと、「安全運転大事だよね そだね〜」というカーリング女子日本代表が試合中の会話で度々発する単語にちなんだもの。

 熊本県警本部の公式Twitterアカウントでは、「オリンピックは興奮の毎日ですね。そこで交通情報板もオリンピックネタに更新しています」とつぶやいています。このツイートをしている熊本県警交通企画課の警部さんに直接お話を伺いました。

―― かなり大きな反響があったと思います。今のお気持ちは?

 交通安全情報ですので、こういったことをきっかけにみなさんが交通安全を意識してくれたらうれしいです。

―― 今までも何度か話題になっていますが、今回のものがNo.1ですか?

 今回もすごいですが、今までで反響が大きかったものというと、ブルゾンちえみさんのネタでしょうか。「黄色信号 行かない! 待つの。」「安全運転 ウィズ B(ベルト)」というものです。

―― この交通情報は、いつ、どこで表示されているんですか?

 熊本県内の一般道50カ所にある交通情報板です。渋滞情報を出すためのものなので、主に大きな道路に設置されています。渋滞がないときに交通安全情報を出しています。

―― どうして、このような取り組みをはじめたのですか?

 交通安全情報というのは、ありきたりで、なかなか人の心に残りません。例えば「シートベルトを締めましょう」と見ても、記憶に残らないのではと感じていました。少しでも心に残るようにと思いで始めました。

―― どのくらいの頻度で情報は入れ替えているのですか?

 最低月に1回は変えることを目標にしていますが、何かあったらパッと変えることもあります。今回はひらめいたのでパッと変えました。

―― いつから、この取り組みはやっているんですか?

 2013年にこの取り組みを初めました。初代の担当者が「団長」です。次の担当者が「殿下」で、その後任が私「警部」となります。私は担当して2年くらいです。

―― 周囲の反応はいかがですか?

 すごく評判はいいです。県内の評判もいいですし、県外の方からもお声をいただいています。

―― 前任者の頃から話題になっていた経緯もあります。プレッシャーを感じることはありますか?

 確かにプレッシャーは感じます。ネタに追われている感はあるにはありますが、しかし、笑いのためにやっているわけではないのでそれほどでも。よく「次は何やるの?」と聞かれるのですが、その時点ではまだ何も考えてないんです。



 ついついクスッと笑っちゃう楽しい交通情報板は、少しでも「交通安全」の意識が根付くようにと考えられた取り組みでした。これで、皆さんも覚えましたね「お先にどうぞ ゆづる心に金メダル」。みなさんも、金メダルの安全運転をよろしくお願いします!

画像提供:すずばやし(@suzubaya)さん

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声