連載
» 2018年02月25日 12時00分 公開

「やだ……Googleって便利すぎて怖くない?」 PCど素人の女子高生、Google先生の圧倒的支配力にとまどう(1/3 ページ)

「人生乗っ取られそうで不安だわ」

[中山順司,ねとらぼ]

連載:女子高生、「はじめてのPC」を買う

スマホファースト世代の女子高生(JK)がPCの必要性に迫られたとき、彼女は何を基準に機種選択し、どう使うのか? ひょんなキッカケからノートPCを持ったJK(17歳)とその父の二人三脚を描く、デジタルライフドキュメンタリー。



前回までのおさらい

 高校2年の娘は、PCに対する知識もなければ、こだわりもまったくない。父と一緒にはじめてのノートPCに挑むものの、いきなりWindowsアップデートの洗礼を受けたり、世界一おバカなパスワードを付けてしまったりと、先が思いやられる状況である。


なぜか「づ」だけ入力できない


父

 どう? セットアップが終わって数日たったけど、1人で使えてる?


娘

 いや、それがあんまり。キーボード入力で手こずってて、句読点が打てないんだ。「、」「。」がどこにあるのか探しまくって、最終的に見つけられたけれども。


父

 まあ、いままでスマホのフリック入力しかしてないわけで、最初はとまどうよな。


娘

 あと、「ず」は打てるけど「づ」が分からない。


父

 「d」と「u」だ。お前、キーボード打てるって言ってたけど、ホントか? いろいろあやしいんじゃない?


娘

 ほぼほぼ入力はできるんだよ。でもたまに「あれ? これってなんだったっけ?」ってなるだけ。


父

 じゃあテストするぞ。「ビョーン」「ポニョポニョ」「ガラガラドッカン」を打ってみな?


娘

 なめんな、こうだ。


父

 オーケー、では「平壌(ピョンヤン)」「ババンギダ」「ゴッサムシティ」ならどうだ?


娘

 えーっと……こうかな。


父

 お、ぜんぶできたな。


娘

 だから、「づ」が打てなかっただけで、あとは大丈夫。どうでもいいけど、ババンギダってなによ。


父

 元ナイジェリア代表の快速ウィンガーだよ。オランダのアヤックスに移籍して、在籍時にはリーグ優勝もしてる。あと、1996年のアトランタオリンピックにも出場してて、下馬評を覆して金メダルを獲得したのには驚いた。90年代のアフリカンサッカーの躍進は、ナイジェリアとカメルーンを抜きにして語れない。


娘

 しらんがな。こっちは2000年生まれだよ。


もっと効率的に文字入力ってできないの?


娘

 あのさ、メールでいちいち自分の名前を入力しなきゃいけないって地味にめんどくさいね。


父

 そうだね。


娘

 メールアドレスの入力もそうだし、何度も繰り返すのを何とかできないのかな。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声