ニュース
» 2018年03月08日 12時51分 公開

「漣さーん、ありがとーう!」 大杉漣出演ドラマ「バイプレイヤーズ」最終回に別れを惜しむ声広がる

最高でした。

[のとほのか,ねとらぼ]

 2月21日に急死した俳優の大杉漣さんが出演していたドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」(テレ東系)が3月7日に最終回を迎え、芸能界やネット上で別れを惜しむ声が広がっています。

バイプレイヤーズ 大杉漣 最終回を迎えました(画像は「バイプレイヤーズ」公式サイトから)

 大杉さん、遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さんの5人が本人役で出演する同ドラマ。2017年1月に放送されたシーズン1では、寺島進さんを含めた6人が3カ月間シェアハウスで共同生活を送るというストーリーで、「おじさんのテラスハウス」として注目を集めていました。

 大杉さんの死後、視聴者からの「最終回までぜひ放送してほしい」という声や、キャストやスタッフの「漣さんもきっと望んでいるはずだ」との思いから、最終回まで駆け抜けた同ドラマ。「バイプレイヤーより愛をこめて」のサブタイトルで放送された第5話(最終回)は、劇中劇「しまっこさん」のクランクアップを控え、1人スタッフへの恩返しを決意した大杉さんにスポットを当てたストーリーでした。

 エンドロールは、竹原ピストルさんがスーツを着た5人の前でエンディング曲「ゴミ箱から、ブルース」を弾き語るロングバージョン。放送終了のテロップが表示されると、大杉さんをのぞく4人が海に向かって「漣さーん! ありがとーう!」と感謝の思いを叫ぶシーンで幕を閉じました。大杉さんの最後のせりふは「じゃあ、行きますかね」でした。

バイプレイヤーズ 大杉漣 最後は4人が大杉さんへ感謝の気持ちを叫ぶシーンで終了(画像は光石研公式Instagramから)

 放送後、同ドラマの公式Twitterは「あなたの笑顔、背中、声。忘れません。また会う日まで」とツイート。エンディング曲を務めた竹原さんも、「天国まで届くくらい全力でやり続けます」と大杉さんを思い、監督の松居大悟さんは、「すべてが愛おしくて。バイプレイヤーズ、すべてあなたのせいです」と大杉さんを始めとするキャストやスタッフなど、同ドラマを作り上げた全ての人に感謝の気持ちを述べました。




 ネット上でも、「バイプレイヤーズ、最高だった」「最後の放送終わってまだ少ししか経ってないのに既にバイプレロス」「最終回を見た。笑いに笑って気付いた時には涙が止まらなかった。キャストの皆さん、スタッフさんありがとうございました!」など感極まった声が続々寄せられました。

 また、放送前に遠藤さんのTwitterアカウントでは、大杉さんが送ってくれたという写真を公開。夕日をバックに5人のおじさんがはしゃいでいる写真には、6万5000件を超えるいいね、2万5000件を超えるリツイートがされ、反響を呼びました。


関連キーワード

バイプレイヤーズ | 最終回 | ドラマ | 俳優


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響