ニュース
» 2018年03月08日 12時51分 公開

「漣さーん、ありがとーう!」 大杉漣出演ドラマ「バイプレイヤーズ」最終回に別れを惜しむ声広がる

最高でした。

[のとほのか,ねとらぼ]

 2月21日に急死した俳優の大杉漣さんが出演していたドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」(テレ東系)が3月7日に最終回を迎え、芸能界やネット上で別れを惜しむ声が広がっています。

バイプレイヤーズ 大杉漣 最終回を迎えました(画像は「バイプレイヤーズ」公式サイトから)

 大杉さん、遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さんの5人が本人役で出演する同ドラマ。2017年1月に放送されたシーズン1では、寺島進さんを含めた6人が3カ月間シェアハウスで共同生活を送るというストーリーで、「おじさんのテラスハウス」として注目を集めていました。

 大杉さんの死後、視聴者からの「最終回までぜひ放送してほしい」という声や、キャストやスタッフの「漣さんもきっと望んでいるはずだ」との思いから、最終回まで駆け抜けた同ドラマ。「バイプレイヤーより愛をこめて」のサブタイトルで放送された第5話(最終回)は、劇中劇「しまっこさん」のクランクアップを控え、1人スタッフへの恩返しを決意した大杉さんにスポットを当てたストーリーでした。

 エンドロールは、竹原ピストルさんがスーツを着た5人の前でエンディング曲「ゴミ箱から、ブルース」を弾き語るロングバージョン。放送終了のテロップが表示されると、大杉さんをのぞく4人が海に向かって「漣さーん! ありがとーう!」と感謝の思いを叫ぶシーンで幕を閉じました。大杉さんの最後のせりふは「じゃあ、行きますかね」でした。

バイプレイヤーズ 大杉漣 最後は4人が大杉さんへ感謝の気持ちを叫ぶシーンで終了(画像は光石研公式Instagramから)

 放送後、同ドラマの公式Twitterは「あなたの笑顔、背中、声。忘れません。また会う日まで」とツイート。エンディング曲を務めた竹原さんも、「天国まで届くくらい全力でやり続けます」と大杉さんを思い、監督の松居大悟さんは、「すべてが愛おしくて。バイプレイヤーズ、すべてあなたのせいです」と大杉さんを始めとするキャストやスタッフなど、同ドラマを作り上げた全ての人に感謝の気持ちを述べました。




 ネット上でも、「バイプレイヤーズ、最高だった」「最後の放送終わってまだ少ししか経ってないのに既にバイプレロス」「最終回を見た。笑いに笑って気付いた時には涙が止まらなかった。キャストの皆さん、スタッフさんありがとうございました!」など感極まった声が続々寄せられました。

 また、放送前に遠藤さんのTwitterアカウントでは、大杉さんが送ってくれたという写真を公開。夕日をバックに5人のおじさんがはしゃいでいる写真には、6万5000件を超えるいいね、2万5000件を超えるリツイートがされ、反響を呼びました。


関連キーワード

バイプレイヤーズ | 最終回 | ドラマ | 俳優


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」