ニュース
» 2018年03月10日 16時00分 公開

「バーチャロン」の新作が15年ぶりに出たのにあんまり盛り上がっていないのでいいところをひたすら挙げる記事を書きました(3/3 ページ)

[池谷勇人,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

総括:ちゃんとバーチャロンしてる

 そんな感じで思い付くままに「禁書VO」のいいところを挙げてみましたが、一言でまとめるなら「ちゃんとバーチャロンしてる」に尽きます。特に旧オラタン勢で、フォースのスピードにがっかりしていた人にとって、本作は福音となり得るかもしれません。

 筆者もはじめのうちはトランジションをうまく使いこなせず、「なんかすぐ止まっちゃうし今までみたいにキビキビ動けないなあ」とか「どこで攻撃したらいいのか分からん!」とか思っていたんですが、トランジションが分かってきて、そこそこキャラを動かせるようになってくるにつれて「そうそう、これがバーチャロンだよ!」という感情がムクムクと大きくなってきました。

 ちなみに今回は相手をダウンさせるとポイントが入り(1回30pt)、それで勝敗が決まる「ポイント制」を採用してるんですが、一発ダウンさせてあとはひたすら逃げ回り、最終的に「30:0」で終わった試合とか最高にバーチャロンしてるなと思いました。昔と変わってねーじゃねーか!(褒め言葉)


バーチャロン 禁書VO 相手をダウンさせると30pt(技によってはもっと入ることも)

バーチャロン 禁書VO 一定時間攻撃を当てないと減点されるシステムもあり、極端な「逃げ」にはペナルティが課せられます


ファンの“愛”がひときわ大きいシリーズだからこそ

 残念ながら「バーチャロン」というゲームは、2作目の「オラタン」で隆盛を極めたものの、その後のシリーズ展開に恵まれず、PS2の「電脳戦機バーチャロン マーズ」を最後に、15年という長きにわたってほぼ“凍結”状態となっていました。しかし、今でも過去作を遊び続けるユーザーがいたり、タニタがツインスティック開発に名乗りを上げる暴挙に出たりと、ファンの“愛”がひときわ大きいシリーズでもあります。


バーチャロン 禁書VO 最後の作品となっていた「電脳戦機バーチャロン マーズ」(Amazon.co.jpより)

 それだけの愛にこたえるのは、もちろん簡単なことではありません。筆者も正直、遊ぶまでは「まああんまり期待はしないでおこう」くらいで考えていました。昔は遊んでいたのに「禁書VO」を見送ったファンの心理としては、もしかしたら「昔のあの楽しさを超えるのは無理だろう」という、無意識の“諦め”もあったのかもしれません。

 もちろん筆者から見ても、音楽が小山健太郎さんじゃないとか、UIとかエフェクトとかがバーチャロンっぽくないとか、いろいろ不満点はあります。ただ、そんなことがささいに思えるほど、久々に触る「バーチャロン」は楽しかった。

 相手とダッシュで交差する瞬間、相手の弾がギリギリで横をすり抜けていき、自分の攻撃だけが相手にぶっ刺さる。気持ちいい。

 実力が拮抗する相手とのランクマッチ。ほんのわずかなリードを守るため、ひたすら“逃げ”に徹しているときの「ラスト10秒」の長さ。ギリギリで逃げ切った時の安堵感。

 そんな時やっぱり「ああ、これバーチャロンだわ」としみじみ思う。

 だからもっとみんな声をあげよう。

 「バーチャロンやろうぜ!」って。


バーチャロン 禁書VO 3月11日12時からは、第1回公式オンライン大会「ブースターズ・カップ1803」もスタートします。配信もあるよ!(筆者は抽選漏れ……)


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」