ニュース
» 2018年03月19日 07時00分 公開

世界一高価で希少な“猫のフン” 幻のコーヒー「コピ・ルワック」を飲んでみたチョーヒカルのゲテモノデート

チョー「のとさん大変だ」。

[チョーヒカル,ねとらぼ]
チョーヒカル ゲテモノデート

 体にリアルなペイントを施したり、漫画やイラストを描いたり、映像作品なども制作しているチョーヒカルです。毎月、嫌がるねとらぼ編集部ののとを引き連れて“ゲテモノ”の食レポをしていきます。


チョーヒカル プロフィール

1993年3月29日、東京都出身。

2016年 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科を卒業

体や物にリアルなペイントをする作品で注目され日本国内だけでなく海外でも話題になる。イラスト、立体、映像作品などを制作。自身初の漫画『ストレンジ・ファニー・ラブ』が絶賛発売中。



第5回目:コピ・ルワック

 犬肉の回を終え、次の食べ物に悩んでいる私たちの前に現れたのはまたしても父。今回は“猫のフン”コーヒーを飲んでみます。

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー


チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー

 コピ・ルワックは厳密な発音で、日本ではコピ・ルアクやコピ・ルアックなどと呼ばれることも。イタチやタヌキのような見た目のジャコウネコのフンからとれるという製造過程から、“ゲテモノ”として扱われることもありますが、希少価値が高く、日本では100グラム1万円以上で売られ、1杯8000円で提供しているお店もあります。インドネシアでは100グラム3500円(35万ルピア)ほどで販売されており、父が聞いた学生の下宿代が月3000円程度であることを考えると、高値で取引されていることが分かります。

 コピ・ルワックは低カフェイン・低苦味・低酸味。飲んでみると、アメリカンコーヒーのようなあっさりとした飲み口で苦味も少ない。確かにこれは飲みやすい。コーヒーが苦手な人でもわりと飲めるかもしれない。……ただ、希少価値が高いという事前情報に期待が高まっていたせいか、あまりの優しい味に2人で拍子抜け。一杯8000円(店舗によって変わります)も出して飲みたいかといわれると、人それぞれあるでしょうが、私はコンビニで売られている一杯100円のコーヒーがいいなと思いました。

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー ジャコウネコ

 ちなみに、猫のフンからできるコーヒーがあるのにも驚きですが、タイには象のフンからできるさらに希少価値の高いコーヒー「ブラック・アイボリー」も存在します。

チョーヒカル ゲテモノ 犬 現地で売られている商品には各国の観光客向けに外国語で書かれた説明書が付いている

チョーのあとがき

 猫は大好きですが、猫のフンは少しも好きじゃないです。そんな中、父親のうっかりミラクルによって本場の猫フンコーヒー「コピ・ルワック」を入手することに成功しました。事前の打ち合わせもなく、コピ・ルワックを飲みたいと言ったこともなく、本当に全くの偶然で、ちょうどいい時期にインドネシアに行き、ちょうどいい量のコピ・ルワックを購入し持ち帰ってきたのです。一回の予定だった登場がもう三回目です。準レギュラーです。

 期待を募らせ飲んだコピ・ルワックですが、いやもう、ほんとすいません。ただのうっすいコーヒーとしか感じられませんでした。言われてみれば確かに甘い香りもしますが、薄いコーヒーでした。なんでも低苦味・低酸味・低カフェインだとか。コーヒーって、苦いから良いんじゃないの? カフェインも酸味も苦味もなくていいなら、水では? 水を飲むのでいいのでは???? そんな疑問が浮かんだことを、どうかお許しください。

 ヤシの実の砂糖は少しフルーティーでコクがあってめちゃめちゃおいしかったです。

チョーヒカル ゲテモノ 犬

関連キーワード

動物 | | 中国 | 漫画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」