ニュース
» 2018年03月19日 07時00分 公開

世界一高価で希少な“猫のフン” 幻のコーヒー「コピ・ルワック」を飲んでみたチョーヒカルのゲテモノデート

チョー「のとさん大変だ」。

[チョーヒカル,ねとらぼ]
チョーヒカル ゲテモノデート

 体にリアルなペイントを施したり、漫画やイラストを描いたり、映像作品なども制作しているチョーヒカルです。毎月、嫌がるねとらぼ編集部ののとを引き連れて“ゲテモノ”の食レポをしていきます。


チョーヒカル プロフィール

1993年3月29日、東京都出身。

2016年 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科を卒業

体や物にリアルなペイントをする作品で注目され日本国内だけでなく海外でも話題になる。イラスト、立体、映像作品などを制作。自身初の漫画『ストレンジ・ファニー・ラブ』が絶賛発売中。



第5回目:コピ・ルワック

 犬肉の回を終え、次の食べ物に悩んでいる私たちの前に現れたのはまたしても父。今回は“猫のフン”コーヒーを飲んでみます。

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー


チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー

 コピ・ルワックは厳密な発音で、日本ではコピ・ルアクやコピ・ルアックなどと呼ばれることも。イタチやタヌキのような見た目のジャコウネコのフンからとれるという製造過程から、“ゲテモノ”として扱われることもありますが、希少価値が高く、日本では100グラム1万円以上で売られ、1杯8000円で提供しているお店もあります。インドネシアでは100グラム3500円(35万ルピア)ほどで販売されており、父が聞いた学生の下宿代が月3000円程度であることを考えると、高値で取引されていることが分かります。

 コピ・ルワックは低カフェイン・低苦味・低酸味。飲んでみると、アメリカンコーヒーのようなあっさりとした飲み口で苦味も少ない。確かにこれは飲みやすい。コーヒーが苦手な人でもわりと飲めるかもしれない。……ただ、希少価値が高いという事前情報に期待が高まっていたせいか、あまりの優しい味に2人で拍子抜け。一杯8000円(店舗によって変わります)も出して飲みたいかといわれると、人それぞれあるでしょうが、私はコンビニで売られている一杯100円のコーヒーがいいなと思いました。

チョーヒカル ゲテモノ コピ・ルアク 猫 糞 コーヒー ジャコウネコ

 ちなみに、猫のフンからできるコーヒーがあるのにも驚きですが、タイには象のフンからできるさらに希少価値の高いコーヒー「ブラック・アイボリー」も存在します。

チョーヒカル ゲテモノ 犬 現地で売られている商品には各国の観光客向けに外国語で書かれた説明書が付いている

チョーのあとがき

 猫は大好きですが、猫のフンは少しも好きじゃないです。そんな中、父親のうっかりミラクルによって本場の猫フンコーヒー「コピ・ルワック」を入手することに成功しました。事前の打ち合わせもなく、コピ・ルワックを飲みたいと言ったこともなく、本当に全くの偶然で、ちょうどいい時期にインドネシアに行き、ちょうどいい量のコピ・ルワックを購入し持ち帰ってきたのです。一回の予定だった登場がもう三回目です。準レギュラーです。

 期待を募らせ飲んだコピ・ルワックですが、いやもう、ほんとすいません。ただのうっすいコーヒーとしか感じられませんでした。言われてみれば確かに甘い香りもしますが、薄いコーヒーでした。なんでも低苦味・低酸味・低カフェインだとか。コーヒーって、苦いから良いんじゃないの? カフェインも酸味も苦味もなくていいなら、水では? 水を飲むのでいいのでは???? そんな疑問が浮かんだことを、どうかお許しください。

 ヤシの実の砂糖は少しフルーティーでコクがあってめちゃめちゃおいしかったです。

チョーヒカル ゲテモノ 犬

関連キーワード

動物 | | 中国 | 漫画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む