ニュース
» 2018年03月14日 15時00分 公開

何がどうなっている……!? “立体的に見えるかもしれない絵”が立体どころか実在しているようにしか見えない

このまま歩き出しそう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 漫画家・イラストレーターの水鳥なやさん(@mina_naya)がTwitterに投稿した、“立体的に見えるかもしれない絵”が「見えるかもしれない」どころじゃないと大変な人気になっています。何これどこがどうなってるの……!?



 公開されている絵は、全部で4作品あります。この内、ノートの見開き2ページに渡ってイラストを描き、ノートを少し閉じて一定の角度から見ることで立体的に見える仕組みのものが以下の3作品。

  • 「艦隊これくしょん」の島風
  • 「魔法少女まどか☆マギカ」の鹿目まどかと暁美ほむら
  • 「魔法少女まどか☆マギカ」の暁美ほむらとワルプルギスの夜

水鳥なや 3Dアート 艦これ ごちうさ まどマギ チノ 島風 ほむら まどか 「艦隊これくしょん」の島風。そこに立っているようにしか見えない


水鳥なや 3Dアート 艦これ ごちうさ まどマギ チノ 島風 ほむら まどか 「魔法少女まどか☆マギカ」の鹿目まどかと暁美ほむら。浮いているというか飛んでる……


水鳥なや 3Dアート 艦これ ごちうさ まどマギ チノ 島風 ほむら まどか 「魔法少女まどか☆マギカ」の暁美ほむらとワルプルギスの夜。すごい臨場感。そしてゴルフクラブ持っとる

 どれも遠近法や影の付け方が絶妙で、そこに存在しているようにしか見えないほど浮き上がって見えます。

 残りの1作品は「ご注文はうさぎですか?」のチノが描かれたもので、タブレットの上に切り絵を配置する仕組み。まるで魔方陣から召喚されて飛び出してきたかのような構図で、ホログラム映像と見紛うほどの立体感になっています。


水鳥なや 3Dアート 艦これ ごちうさ まどマギ チノ 島風 ほむら まどか 召喚! これも平面です

 あまりの飛び出しっぷりに平面に描かれているとは思えませんが、それぞれ別角度から撮影した画像も公開。間違いなく平面に描かれていることが分かります。……分かるんですが、分かりません。理解が追い付かない。




水鳥なや 3Dアート 艦これ ごちうさ まどマギ チノ 島風 ほむら まどか よく分か……分か……やっぱり分からない


水鳥なや 3Dアート 艦これ ごちうさ まどマギ チノ 島風 ほむら まどか 実は消しゴムもイラストでした


水鳥なや 3Dアート 艦これ ごちうさ まどマギ チノ 島風 ほむら まどか かなり足が長めに描かれているようです


水鳥なや 3Dアート 艦これ ごちうさ まどマギ チノ 島風 ほむら まどか 現実世界に召喚できていたわけではなかった……

 これらの作品にネット上では、「どこまで絵でどこから立体なのか混乱する」「いい意味であたまおかしいw」「何したらそんなすごいの描けるようになるんですか」「すげぇクオリティー」「やっぱり天才はいるんだなぁと思いました」「混乱しております!」といった声があがっていました。

 そんな水鳥なやさんは、まんがタイムきらら4月号に漫画「ちっちゃなピアノ教室」がゲスト掲載されます。



画像提供:水鳥なやさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」