ニュース
» 2018年03月19日 12時00分 公開

う、うん億円〜!? ぶっ飛ぶ豪華っぷり、ちょっとのぞいてみましょう「超高級ヨット」の世界(1/3 ページ)

「ヨットって何千万円もするんでしょ。俺らには関係ないねー」。いえいえ、ちょっと誤解があります。知られざる高級ヨット「億り船」の世界の一片を紹介します。(詳細写真159枚)

[長浜和也ねとらぼ]

 ヨットというと「いやー、何千万もするんでしょー。ゲイツさんとかならば分かるけれど、とてもじゃないが買えないよねー」というのが大方の皆さんの認識かもしれません。

 実はこれ、誤解です。例えば、「20年、30年落ちの全長8メートルぐらいの中古艇」ならば100万円もしない価格で買えたりもします。クルマで30年落ちだともうクラシックカーの域で、動かすのも維持するのもひと苦労かもしれませんが、頑丈な、そしてある意味大ざっぱでシンプルな作りの船ならば十分現役で使えます。ごく普通の勤め人でも軽自動車1台分程度の購入費と維持費で関東近辺でも船が持てます。「俺は船長に、いや艦長になる!」という野望をお持ちの方はぜひ挑戦していただきたいと思うのであります。

 しかし、上を見ると果てがない世界でもあります。ここからが「何千万もするんでしょー」という世界ですね。何千万円なんてかわいいもので、ウン億円以上の雲上世界もごく普通に広がっています。こんな世界をのぞけるレジャー用船舶に関する大型展示会「ジャパンインターナショナルボートショー2018」に、庶民船長のこのワタクシも参戦してきました。

photo じゃーん

 ジャパンインターナショナルボートショー2018は、2018年3月8日から11日まで、横浜の「パシフィコ横浜」と「横浜ベイサイドマリーナ」で行われました。このうち横浜ベイサイドマリーナ会場では、マリーナの桟橋に係留した「展示艇」に実際に乗り込んで船の操舵室や船室を間近に見ることができました。その展示艇というのが、もうぶっ飛びの「ちょー!豪華!!」な顔ぶれなのであります。

 では、ひとときの「億り船」な気分を味わっていきましょう。

※「ヨット」というと、一般的に日本では“セールで走る船”を想像すると思います。しかし海外でいうところの「ヨット」は、セールで走るか、エンジンで走るかには関係なく「個人用の豪華船」という意味で使われます。そのため本稿もまとめて「ヨット」と呼ぶことにします。ちなみに“セールで走る船”については、海外では「セールボート」や「セーリングクルーザー」と呼ばれます。



約3億円のフルカスタムオーダーメイド艇「JACK 72 Dea del mare」

 「JACK 72 Dea del mare」は、船型から艤装、船室のレイアウトから内装まで購入者ごとにデザインして、世界でただ1つの船を建造する“ワンオフ艇”を提供する「JACK」シリーズの1艇。2018年2月に完成した、できたてホヤホヤな新艇です。

3億円のカスタムメイドヨット JACK 72 Dea del mare 3億円のカスタムメイドヨット「JACK 72 Dea del mare」

 JACKシリーズはイチからのカスタムメイドものなので、それはお金に糸目を付けず、でもこだわりの人が買うのだと思います。しかし、メーカーは「建造する造船所と簡易型作成技術を持っているおかげで製造コストを抑えることに成功した」とアピールしています。製造コストを抑えて価格は約3億円だそうです。

 JACK 72 Dea del mareは、全長21.97メートルで、船幅は5.3メートル。船内に収蔵されていた食器は、全てが割れやすくて高価そうな薄いガラスや磁器製ですが、船の揺れに耐えられるように支え枠が食器棚に設けてあります。さらにこの船は、揺れを大きく抑える「ジャイロスタビライザー」を機関室に備えています。

 ジャイロスタビライザーとは、コマを高速で回転させると軸が一定方向を向いて安定するジャイロ効果の仕組みを利用した制揺装置です。機器に組み込んだ円盤を高速で回転させ、波が船を揺らす力に抵抗して作用し、船を水平に保つようにします。軍艦ファン的には、帝国海軍の航空母艦「鳳翔」や「龍驤」などにも搭載していたアレか! なんていうところも興味深かったりするのではないでしょうか。

JACK 72 Dea del mare 3億円のカスタムメイドヨット 船尾に設けた機関室ハッチ。航海中はアフトデッキの床からアクセス可能
JACK 72 Dea del mare 3億円のカスタムメイドヨット こちらがジャイロスタビライザー
JACK 72 Dea del mare 3億円のカスタムメイドヨット 船の動揺に合わせて内部のレバーが動いて揺れを抑える

 エンジンは、スウェーデンの自動車メーカーとして日本でもなじみのあるボルボ製です。実はボルボはマリンエンジン最大手の1つといえるほどに船の世界でも普及しているメーカーです。JACK 72 Dea del mareはこのボルボ製の「VOLVO PENTA」を2基搭載し、左右1つずつのスクリューを回します。

 このスクリューも独特です。スクリューは大抵の場合、後方に向けて取り付けます。しかしVOLVO PENTAでは、前向きに2枚のスクリューが取り付けられています。これによって、約700馬力のエンジンで1200馬力相当のパワーを発揮する効率向上とタグボートに相当する操船性能を可能するそうです。

セールドライブへ前方向にスクリューを取り付けて、細かい操船を可能にしている 前方向にスクリューを取り付けて、細かい操船を可能にしている

 もちろん操船席も豪華です。まず、シートはレザー張りのレカロ製。高速航行時の揺れも、同じく激しいカーレースで使われるレカロシートならば体をしっかり支え、また疲労も軽減してくれそうです。コンソールにはレイマリン(Raymarine)製のマルチファンクションディスプレイ「AXIOM」シリーズを2つ組み込んで、航海用電子参考図にソナー、船外監視カメラに機関室監視カメラなどを同時に表示できます。「豪華ヨット」というと、まずきらびやかでぜいたくな内装のキャビンをまず想像すると思いますが、こういった航海設備にも高性能で多機能な機器を備えているおかげで、船そのものの性能や乗り心地が優れていたりするのです。

JACK 72 Dea del mareの操舵席 JACK 72 Dea del mareの操舵席
右舷は“ロマンスカーの最前列シート”的な特等席がある 右舷には“ロマンスカーの最前列シート”のような特等席がある!
JACK 72 Dea del mareのリビングルーム JACK 72 Dea del mareのリビングルーム。あはは、豪華すぎる

イタリアの高級ヨットメーカーによるフツーの家よりも広くて高い豪華ヨット「FERRETTI 450」

 イタリアの高級ヨットメーカーであるフェレッティ(Ferretti)が建造した「FERRETTI 450」は、全長14.2メートル、船幅が4.3メートルと、1フロアだけで私たちが住む一般マンションの床面積を超えそうな規模の豪華ヨットです。

FERRETTI 450 FERRETTI 450

 船室はみんな集まるギャレー(台所)併設型リビングルームのほかに、ダブルベッドを備えた寝室が2つ(オーナー用とゲスト用)、2段ベッドレイアウトの寝室(クルー用)が1つあります。シャワー室付きのトイレも2カ所設けており、ダブルベッド寝室のそれぞれからアクセスできるようになっています。

 シャワー室が2カ所あるだけでもすごいのですが、さらに便座はどちらも温水洗浄機付きです。あ、勘違いしそうですがこれは家の紹介ではなく、船の設備のことですよ。さておき、清水の消費量はすごいことになりそうと勝手に心配してしまいますが、このヨットには海水から清水を生成する機器を備え、また清水タンクの容量も600リットルと大容量。清水の消費を気にすることはないそうです。

FERRETTI 450の豪華なリビングリーム FERRETTI 450の豪華なリビングリーム
FERRETTI 450 意外とコンパクトな操船席

最新機器を装備したハイテク艇「Sunseeker Manhattan 52」

 全長17.21メートル、船幅4.87メートルの「Sunseeker Manhattan 52」は、英国のボートビルダーであるサンシーカー(Sunseeker)が建造したヨットです。

Sunseeker Manhattan 52 Sunseeker Manhattan 52

 船の上構に設けたアンテナブリッジにインマルサット衛星通信用のアンテナドームを2基備え、このほかにレーダー、GPSから航海計器や船内監視センサーまで、最新の機器を装備したハイテク艇です。操舵室のシートは、停泊してリビングルームを広く使いたいときのために倒しておけます。出港するときには「電動」で起きてきます。すごい。

 操舵席コンソールにはSIMRAD製のマルチファンクションディスプレイをサイズ違いに3台組み込み、航海用電子参考図やレーダー、ソナー、航海計器、航路計画などを随時切り替えて利用できます。また、燃料計や電圧計、清水系、照明空調制御なども専用のマルチファンクションディスプレイで機能を呼び出して操作します。

 走行性能においても、前述したJACK 72 Dea del mareと同様にジャイロスタビライザーを備え、安定した姿勢で運航できます。その操作画面も操船コンソールに備えています。

Sunseeker Manhattan 52 白いレザーを基調にした豪華なリビングルーム
Sunseeker Manhattan 52 VOLVO PENTAに対応したエンジンスロットル
Sunseeker Manhattan 52 船首側ダブルベッド寝室
Sunseeker Manhattan 52 両舷一杯の幅を取った中央寝室は広い


 続いて、帆で走るセーリングクルーザーもチェックしていきましょう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  5. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  6. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  7. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  8. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
  9. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  10. /nl/articles/2402/24/news011.jpg 年金2万、貯蓄200万――夫と死別した60代女性が一軒家を購入したら…… 波乱万丈、リアルな現在の暮らしに「何だか自分の事のよう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」