ニュース
» 2018年03月21日 10時00分 公開

コナンの犯人が“映画泥棒”に!? 日中韓三カ国による「知的財産を守ろう」協同キャンペーンがスタート

啓発動画は、3月24日からYouTubeをはじめとした動画サイトにて配信予定。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(以下:CODA)と経済産業省は、中国・韓国両政府と協力し、違法サイトや海賊版、偽のキャラクターグッズなどに関わらないよう促す知的財産保護キャンペーンを3月24日から開催します。日本からは「名探偵コナン」のほか、あの“犯人”も啓発ポスターや啓発映像に起用されています。


著作権 啓発ポスター

著作権 左下にチラッと犯人がいますね……

 この三カ国協同のキャンペーンは、昨年6月に東京で開催された「第10回日中韓文化コンテンツ産業フォーラム」において“知的財産保護のため、三ヵ国協同の広報・啓発事業を実施する”との合意を受け実現したもの。現在世界中で著作権侵害が問題視されており、この問題の根本的解決には皆が「海賊版や違法サイトを見ない・買わない」ことこそが有効な解決策であるとの考えから行われることになりました。

 今回のキャンペーンでは三カ国それぞれの有名コンテンツからキャラクターを起用しており、中国からは「大暴れ孫悟空」から“孫悟空”、韓国からは「ポンポン ポロロ」から“ポロロ”、そして日本からは先述したように「名探偵コナン」から“江戸川コナン”と“怪盗キッド”が起用されています。また、3月24日からはこれらのキャラクターを使った啓発映像(子ども向け、大人向けの2種類)もYouTubeで公開予定。大人向け映像コンテンツでは、2人組の“犯人”がモニタを覗き込み“映画泥棒”のようなことを……。


著作権 子ども向け映像コンテンツ(3月24日からYoutubeで公開予定) (C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996 (C)上海美术电影制片厂有限公司 (C)ICONIX / OCON / EBS / SKbroadban

著作権 大人向け映像コンテンツ(3月24日からYoutubeで公開予定) (C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

 海賊サイトなどの違法サービスは日本国内でも大きな問題となっており、著作権侵害側がサーバーを海外に設置するなど、犯罪が国境を越えて行われるケースが増加。こうした問題に対し、CODA広報は「そういった海賊版や違法サイトを見ない・買わないことこそがコンテンツの未来への力強い支援となる」とコメントしています。


(大里ミチル)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声