ニュース
» 2018年03月22日 10時34分 公開

本気のキャスティングだ 漫画『やれたかも委員会』が佐藤二朗、山田孝之、白石麻衣で実写ドラマ化

ロバート秋山さんバージョンもよかったけど、こっちも期待。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 吉田貴司さんの人気漫画『やれたかも委員会』が、MBS・TBSドラマイズムの2018年4月クールで実写ドラマ化されます。やれたかも委員会のメンバーには、俳優の佐藤二朗さん、山田孝之さん、乃木坂46の白石麻衣さんがキャスティング。札を掲げた3人のビジュアルも合わせて公開されています。

やれたかも委員会 漫画 実写ドラマ 佐藤二朗 山田孝之 乃木坂46 白石麻衣 吉田貴司 山田さんの再現度が高すぎる (C)2018吉田貴司/ドラマ「やれたかも委員会」製作委員会・MBS

やれたかも委員会 漫画 実写ドラマ 佐藤二朗 山田孝之 乃木坂46 白石麻衣 吉田貴司 原作のやれたかも委員会(「やれたかも委員会」クラウドファンディングから)

 『やれたかも委員会』は、「あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない」という思いを抱える人物の前に、「やれたかも委員会」が現れ、その人物の語るエピソードを聞いた委員会のメンバーが「やれた」「やれたとは言えない」の札で判定する作品。Webサイト「note」「cakes」で公開されると、Twitterなどで話題となり、1月にはお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんの単独主演によってAbemaTVで実写ドラマ化されました(関連記事)。

やれたかも委員会 漫画 実写ドラマ 佐藤二朗 山田孝之 乃木坂46 白石麻衣 吉田貴司 秋山さんのときも話題に (C) AbemaTV

 今回の実写化では、「原作よりもさらに濃密で濃厚な人間ドラマを描かなければ」との思いから、製作陣と原作者の吉田さんとの間で協議が行われており、相談者の回想パートに加え、相談者とやれたかも委員会の議論も細かく描写される他、各キャラクターの名前にも若干の変更が加えられています。「漫画とは一味違う一つのパラレルワールドとしてお楽しみください」(吉田さん)。

 能島譲(原作では能島明)を演じる佐藤さんは、「『どうでもいいようにみえることに心血を注ぐ』。職掌柄、よくやることではある。が、これほど、その一点のみに気を割いた作品は珍しい」と同作を評価。オアシス(原作ではパラディソ)役の山田さんは、「既にAbemaTVで放送されている『やれたかも委員会』ですが、どちらも違った良さがあると思うので、どちらもお楽しみ頂ければと思います」と、秋山さん版のドラマも合わせておすすめ。月綾子(原作では月満子)役の白石さんは「まだ演技の経験が浅いので、佐藤さんや山田さんの存在がすごく心強かったです」と、ベテランの2人が心の支えになっていたことを明かしました。

 放送は、MBSで4月22日深夜0時50分から、TBSでは24日深夜1時28分から。Web配信もあり、dTVとNetflixで、それぞれ毎週水曜日の深夜0時から配信されます。

この漫画は最初は僕が1人部屋の片隅で描いたものでした。
それがひょんなことからインターネットで広まり、たくさんの方のご協力により、この度地上波でドラマ化されることになりました。そしてこの豪華キャスト。ちょっと信じられないことです。
部屋の片隅から宇宙に飛び出た気分です。
どんなものが見られるのかワクワクしています。
今回はドラマオリジナルの世界観となり、漫画とはキャラクターの名前が若干異なります。
漫画とは一味違う一つのパラレルワールドとしてお楽しみください。
本作品を宇宙まで連れていってくれた山口監督、ならびにこのドラマに携わる全ての人に感謝します。 ―― 原作者・吉田貴司さんのコメント


関連キーワード

ドラマ | 漫画 | 実写 | 山田孝之 | 乃木坂46 | テレビ | 俳優 | cakes | Netflix


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる