ニュース
» 2018年03月31日 18時00分 公開

地下ドル「かみつき!MAD-DOG」はなぜ初ライブでカブトムシを食べたのか 一緒に食べながら聞いてみた(1/2 ページ)

一緒にカブトムシを食べてみました。

[のとほのか,ねとらぼ]

 AKB48や乃木坂46を始めとするさまざまなアイドルが活躍する中、デビューライブでカブトムシ(成虫)を食べて解雇された地下アイドルグループ「かみつき!MAD-DOG」が一躍その名を世間にとどろかせています(関連記事)。賛否問わず寄せられた反響に感じたことや今事務所に対して思うことを聞いたり、一緒にカブトムシを食べたりしてみました。

かみつき!MAD-DOG カブトムシ 地下アイドル 「かみつき!MAD-DOG」左から仁平かずみ、雨、来夢ここな、抹茶らて利休

カブトムシを食べたのはあくまでも自己紹介だった

かみつき!MAD-DOG カブトムシ 地下アイドル

―― “カブトムシを食べたアイドル”として話題になっていますね。その後の反響などいかがでしたか?

仁平かずみ(以下、仁平) 賛否両論ありましたね。

来夢ここな(以下、ここな) YouTubeの企画で、自分たちが「かみつき!MAD-DOG」本人であることは明かさずに、この出来事についてどう思うか街頭アンケートをとったんですが、辛辣(しんらつ)な意見をいただいて。YouTuberの人には、体を張った売り出し方もあると思うという意見をいただいたり本当にいろいろな反応がありました。

【あの騒動から1週間】カブトムシの件がどれだけ有名か本人が調べる

 私がライブでカブトムシを食べた後、Twitterとかで「カブトムシを食べるのはかわいそう」というリプライをもらったりするんですけど、「じゃあ、豚肉を食べるときにかわいそうって思って食べるの?」って私は思うんです。

仁平 そういうアンチ的なコメントに対して返事をする企画もライブのMCでやったんですよ。

 「売名行為じゃないの?」とか「今どきの地下アイドルはカブトムシを食べないと売れない」とか結構たたかれたんですけど、本当に趣味で食べただけだし、デビュー前からやっていたことなので、その辺りはもう少し理解してほしいなという気持ちがあります。


かみつき!MAD-DOG カブトムシ 地下アイドル あくまでも虫を食べるのは趣味だという雨さん

仁平 でもこうやって反響をいただいてるので、カブトムシ様様ですよね。足向けて寝れないもん。

ここな そうかもね。実際、カブトムシとタガメで迷ったんですが、タガメだったらここまで反響あったのかな? って思います。カブトムシって結構パワーワードだし、カブトムシでよかったかも。

―― その後のライブなど、お客さんの入りはどうでしたか?

仁平 「カブトムシのニュース見てきたよ」って人もいました。

 でもまだそんなに増えた感じはしないかな。

ここな ライブ自体は、カブトムシがTwitterのトレンドになった当日に1回やっただけなので、今後どうなるか楽しみです。

―― そもそも、なぜデビューライブでカブトムシを食べようと思ったんですか?

 私がもともと、山菜やバッタをとってたき火をするのが好きで、その話をしたら周りが驚いたので、じゃあ面白そうだしYouTubeの企画としてやってみようという話になって。

抹茶らて利休(以下、抹茶らて) 自己紹介ですね。「こういう子もいるんだよ」っていう第1弾でしかなかった。企画として面白いって理由もありますけど。

かみつき!MAD-DOG カブトムシ 地下アイドル

―― 今後もそういった過激なパフォーマンスをするつもりはありますか?

 取りあえずカブトムシは封印かなって。

仁平 カブトムシ頼りにはなりたくないですね。

ここな それこそYouTubeの企画として自己紹介しただけ、っていう根拠がなくなってきちゃう。これまでやってきたYouTubeの企画の一環でしかないっていう私たちの意図もあるので。

仁平 でも、エンターテインメントとして新しいことをいっぱいやっていきたいなという気持ちはあります。

―― ちなみに、虫はいつごろから食べ始めたのですか?

 2017年の夏ぐらいからです。自給自足する動画を公開しているカメ五郎さんという人に感化された友達に連れられて、たんぽぽコーヒーを飲んでみたり虫を食べてみたりしたことがきっかけです。

―― 最初に食べた虫は?

 バッタ。生きたバッタを捕まえて、ころころって転がすと排せつ物を出すので、そういった下処理をしてから飯ごうで焼きます。

※「昆虫食入門」の著者で日本の昆虫料理研究家である内山昭一さんによると、採取して食べる場合は必ず加熱すること、有毒な蟲は食べないこと、エビカニアレルギーの人は食べないか少量で試すのがよいとのこと。特に夏のセミや秋のバッタは採取しやすくおいしいのでオススメ。

かみつき!MAD-DOG カブトムシ 地下アイドル ただ虫を食べるだけではなく、安全に食べるための手順も大事にしている

―― おいしいんですか?

 エビの食感がします。味はそんなにしないんですけど、固体によっては草の味がしたり。

仁平 普通に聞いてますけど、ホント変わってますよね。

ここな そう、ここにいると私の反応がおかしいのかなって思っちゃう。

―― メンバーの皆さんは雨さんが虫を食べることをどう思っているんですか?

抹茶らて 生命力が強い。どこでも生きていけそうで頼もしい。

仁平 個性の天才だなと私はずっと思ってます。

ここな 私の周りには虫を食べる人は1人もいないので、虫を食べる人がいると聞いたときは、「そういう人もいるんだな」って。頭では理解していたんですけど、ライブでは私が雨の目隠しをしていたので、実際に目の当たりにしたときは「いやあぁぁぁぁぁ」(笑)。そういう反応をするとメンバーは「アイドルらしいなぁ」とか「普通じゃないよ」って言うんですけど、この反応が普通じゃないですかね。

抹茶らて 本当はアイドルとして見習わなきゃいけないよね。

―― 逆に雨さん以外で変わっているな、と思うメンバーはいますか?

 抹茶らて利休は多彩ですね。プロのカメラマンですし。

抹茶らて 今のアーティスト写真も私が撮りました。

かみつき!MAD-DOG カブトムシ 地下アイドル 現在のアーティスト写真

ここな 全員分の衣装を作ってくれたりとか、ビジュアル面のプロデューサーです。

仁平 サイト作ったりとかね。多彩なんですけど、私から言わせるとこの人も変わってるんですよ。「けんかしたいんだ!」とか大きい声で言ったり結構激しい。

抹茶らて やめてー! そういうこと言うの。

仁平 でもやっぱりアーティスティックな人はそういう裏の面も兼ね備えてるんだなぁと思いますね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」