ニュース
» 2018年04月01日 19時00分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:けーきやさんは、たいへんですねえ こぐまのケーキ屋さん(16)「ばれんたいんでー」

一見ふつうのハートのチョコレートですが……?

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第76話〜第80話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「しあわせですね」


こぐまのケーキ屋さん


「へんがお」


こぐまのケーキ屋さん


「てじなです」


こぐまのケーキ屋さん


「ばれんたいんでー」


こぐまのケーキ屋さん


「ばれんたいんちょこ」


こぐまのケーキ屋さん


もうすぐバレンタインデー!

 真っ白になったお外で雪合戦や雪だるま作り、さらには自分が雪だるまにまでなったこぐまさん。そんな店員さんと遊び尽くした前回の楽しい時間から、お家に入って温かい飲み物を手にまったりする2人が描かれます。

 寒かったけど楽しかったと話し、温かい部屋でゆるりと過ごす時間に「なんだかしあわせですねぇ…」としみじみするこぐまさんと、隣で「ほんとにそうですね」と相づちを打つ店員さん。とってもリラックスした表情のこぐまさんがかわいらしく、またそれにそっと寄り添うような店員さんの空気感に触れて、こちらもなんだかじーんときて幸せな気分になってきます。遊んだ後の静かな時間もまたいいな。


こぐまのケーキ屋さん

 続く77話では、ぐに〜と伸びるこぐまさんのお顔にビックリしつつ、店員さんの本気の変顔に恐怖を覚えるこぐまさんの姿が。一体どんなお顔が披露されたのかはこぐまさんにしかわかりませんが、コメントでは心当たりがあるとして「くりすますいぶ」(43話参照)の一生懸命に働く店員さんを思い出した人も見られました。気になる……けど見たいような見たくないような……。

 そして「おまとめ こぐまのケーキ屋さん」でも、お菓子を買うお客さんが増えるバレンタインデーが近づき、こぐまのケーキ屋さんも慌ただしくなる……と思ったらこぐま店長は知らなかった様子。「けーきやさんは、たいへんですねえ」と、自分のお仕事を忘れるうっかりぶりを発揮した店長でしたが、作るバレンタインのケーキはバッチリ美味しそうです。

 ……が、新商品として作ったハートのチョコは、ふたつに割るといちごジャムが出るというアイデアが裏目に。切ない失恋チョコレートができあがってしまいましたが、純粋に楽しそうにハートを割るこぐまさんを見ていると、そんな義理チョコでも欲しくなってしまいます。


こぐまのケーキ屋さん

 ちなみにそんなこぐまさんだけに、次話ではクリスマスのサンタさんを思い出して「ばれんたいんでーには、だれがきますか?」と質問する姿が。バレンタインデーにだれがくるんだろう……?




これまでのこぐまのケーキ屋さん一覧



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ