ニュース
» 2018年04月02日 20時00分 公開

キャラクターの生存戦略 不人気キャラが作品で生き残るためにもがく漫画に胸を打たれる(1/4 ページ)

あまり人気の出ていないキャラクターも、作品の中で生きたいともがいているかもしれません。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 主役グループにいるのに人気がないアイドルキャラクターが、嘆きながらも作品の中で必死に生きていこうとする姿を描いた漫画「ヒ・ジツザイ・セイショーネンズ」がpixivで公開され、マイナーキャラクターファンの心を掴んでいます。

おにつか 非実在青少年 pixiv どこかで生きている二次元マイナーキャラクターを主役にした作品

 作品を描いたのはpixivユーザーのおにつちさん。二次元の世界で生きる非実在のキャラクターたちが実はどこかに存在していて、ファンの人気を得ようと努力している姿を描いています。

 この漫画の主人公は「壱猛田ジン」くん。「爆音デッドオブナイト」(通称「爆デナ」)という、アニメ化もされた人気漫画のアイドルキャラクターです。しかし作品ファンからですらお金を出したくないと言われるほどの不人気キャラで、そのために公式からも粗雑に扱われています。

おにつか 非実在青少年 pixiv 人気のバロメーターはキャラグッズがいくら売れるか。シビアな世界です。(4ページ目)

 他のキャラクターはキャラソンやダンスの練習などアイドル活動に切磋琢磨していますが、もともと不良漫画だった爆デナのキャラクターとして生まれたジンとしては、いまだにアイドルものへの路線変更に納得できません。

おにつか 非実在青少年 pixiv 現在はアイドル活動をしていますが、もともとは不良漫画のキャラクターでした。ものすごい路線変更だな!(12ページ目)

  仲間の元を飛び出したジンは、人気がないまま打ち切られた作品のキャラに出会います。爆デナの作者が気に入っているおかげで、そのキャラはネットではちょっとしたブームになっていました。彼は自分を生かせる場所であればどんな場所でもなんだってやってみせるとものすごい意気込みを見せますが、元作品がなくなってしまった彼の存在もいつしか忘れ去られる存在ということもまた理解しています。そしてついに、現実世界で話題にされなくなった彼は消えてしまいました。

おにつか 非実在青少年 pixiv キャラクターは忘れられないうちはどこかで生きています。彼はいま消滅しようとしています。(21ページ目)
おにつか 非実在青少年 pixiv 生き残るために必死でそのためには手段を選びません。(26ページ目)

 ジンはキャラとしての死よりも、作品の中で生きていくことを選択しました。その甲斐あって爆デナ2期では新規ファンを獲得することに。いろいろ悩みながらも一生懸命頑張っている姿が、まさしく生きている人間そのもののように見えたのでした。

おにつか 非実在青少年 pixiv ただ死を待つよりも生き抜いていくことを決意したジンの表情はとても力みなぎっています。カッコいい!(29ページ目)
おにつか 非実在青少年 pixiv 作品の中で必死にもがいた結果人気が出てきたジン。悩んだり生き方に右往左往する人間臭いところも魅力のひとつ!(31ページ目)

 この作品には「マイナーでも誰かが応援していればそのキャラが活躍できると感じた」「今まで好きになったマイナーキャラのことが頭に浮かんで、これからも自分の中で大事にしていこうという気持ちになれた」など、人気がなくてもそこに生きているキャラクターを大切にしていきたいという声が寄せられています。

 今はあまり人気の出ていないキャラクターがいても、もしかしたらそのキャラも作品の中で生きたいともがいているかもしれません。自分が好きになったキャラがたとえマイナーだとしても、応援を惜しんではいけないと思わせてくれる作品でした。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」