ニュース
» 2018年04月06日 17時10分 公開

連載打ち切りの『君に愛されて痛かった』、新潮社に移籍で連載再開へ 「数字を出すことが今できる全て」

コミックスも発売決定!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 2017年5月に『漫画アクション』(双葉社)で連載が始まり11月に突如打ち切りが発表された『君に愛されて痛かった』(知るかバカうどん)が、新潮社に移籍。コミック配信サービス「まんが王国」で新エピソードを含めた定期連載が行われることが「コミックバンチweb」で発表されました。

君に愛されて痛かった 知るかバカうどん 連載再開 新潮社

 「最底辺の恋」をうたう同作は、愛に飢え過ぎたメンヘラJKが病みに病んで暴走していき、彼氏に殺されるまでを描くストーリー。作者の知るかバカうどんさんはpixivでその存在を広く知られるようになり、後にR18コミックの世界で才覚を示した女性漫画家で、肉体的というよりは精神的な残虐性を重視したような作風は奇妙な魅力を持ち、男性向けアダルト漫画なのに女性ファンも多く見られるという特異な存在感を放っています。

君に愛されて痛かった 知るかバカうどん 連載再開 新潮社

 そんな知るかバカうどんさんが一般誌である『漫画アクション』で連載すると発表されたときはネット上でも大きな話題となり、第1話では「鬼畜漫画界、新世代の旗手」のキャッチコピーが添えられるなど“攻めた”連載に注目が集まっていました。

君に愛されて痛かった 知るかバカうどん 連載再開 新潮社 すぐに自分を殺し周りに合わせるかなえ

 ところが連載から約半年後。11月に連載打ち切りとなったことを作者がTwitterで報告しネット上では再び話題に。作者の当時のTwitterアカウントはその後凍結されたため現在ではツイートを見ることができず、『漫画アクション』も正確な理由は明かしていませんが、当時のツイートをまとめたサイトなどでは、「表現が過激すぎた」ことが打ち切りの原因だとし、やりたい表現をしてもいいという話で一般誌での連載を始めたにもかかわらず、くしくも表現上の理由で打ち切りとなったことに無念さをにじませていました。

君に愛されて痛かった 知るかバカうどん 連載再開 新潮社 誰かに必要とされることで自らの生を意識する

 また、「契約書交わしてない」という説明もあり、(出版契約書を交すであろう)コミックスの刊行前だったことから、雑誌掲載に関する執筆契約を交していなかったとみられ、結果的に契約が移籍の障害とならなかったことが不幸中の幸いといえそうです。

 新潮社では「まんが王国」で『漫画アクション』に掲載されたものを再掲載した後、新しいエピソードを月2回(毎月第2第4金曜日)定期連載していく予定。6月9日には新潮社「BUNCH COMICS」レーベルでコミックス1巻を発売することも明かしています。

 連載再開について知るかバカうどんさんにコメントを求めたところ、作風やTwitter上での発言から連想していたイメージとは異なるコメントが届きましたので、最後にそれを紹介しながら連載の再開を喜びたいと思います。

知るかバカうどんさんからのコメント

今回打ち切りになって、いろんな臆測や間違ったいいかげんなデマが行き交って訂正したい気持ちや言いたいことやいろんな思いがありますが、描き続け、数字を出すことが今できる全てと思っています。

いつか言いたいことが堂々と言えるように頑張るので、応援していただけるとうれしいです!

最後まで頑張ります! 頑張ります! 頑張ります!




君に愛されて痛かった 知るかバカうどん 連載再開 新潮社 連載打ち切りの『君に愛されて痛かった』(知るかバカうどん)が移籍して連載再開へ

(C) 知るかバカうどん/SHINCHOSHA



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」