コラム
» 2018年04月14日 12時00分 公開

読むのがつらくなる「ダメな文章」の特徴とは? マネしちゃいけない「ダメ文の書き方講座」(2/3 ページ)

[植田麦,ねとらぼ]

 世の中には、文の善し悪し以前に読む気が失せるもの、また読んでいて辛くなる文章があります。まずは、「こういう文章は読みたくなくなる」例を紹介します。

(1)段落が全くない

 1600字ほどのレポートで、最初に一文字分だけ段落下げをしたあと、残りを全て、段落なしで書き連ねてきたレポートを読んだことがあります。実例をお見せしてもよいのですが、わたしの不幸をお裾分けすることに意味はありませんから、やめておきます。

 追体験したい場合は、ニュースサイトなどから1600字くらいのテキストをコピーしてきて、それをWordや一太郎などに貼り付けて、段落を削ってみてください。


(2)テーマの前提を無視する、問題設定と結論がずれている

 ある自治体の公務員採用試験で、「体罰をなくすためにはどうしたらいいか」というテーマが出題されていました。そのテーマをレポートの課題として出したことがあります。

 提出されたレポートを読んでいるといくつか、「体罰は必要である」「体罰がいかに効果的か」と論じるものがありました。もちろん、このテーマの前提は「体罰は不要であり、排除するべきもの」であるはずです。

 わたしがこの課題を出したとき、ほかのテーマも提示していたので、書く側は「体罰をなくすためにはどうしたらいいか」以外のものを選ぶこともできたはずです。にもかかわらず、なぜわざわざテーマの前提を無視するような論を書かなければならなかったのか、不思議でなりません。

 このように、与えられたテーマの場合はもちろん、自分で何かしらのテーマを設定していても、なぜか最初に問題としていたこととはズレた結論を示してしまうものもあります。

 例えば、「過疎化の進む地域にある乗客数の少ない電車の路線を廃止して、代替として路線バスを運行するべきである」という問題を論じていたはずが、いつの間にか、「地域の過疎化を食い止めるためにはどうしたらいいか」を論じている、といったケースです。



 (1)は、今すぐにでも使える「ダメ文章」のテクニックだと思います。一方、(2)は、ある程度まとまった文章を書かないと、実体験も難しいと思います。いずれにせよ、こういうタイプの文章を書くひとは、文章を書き上げたあとに全く読み直しをしないのではないか、と思っています。

ダメ文章のポイント

  • 段落を作らずに文章を書き連ねる。
  • 最初に設定した問題点と、最終的に言いたいことをずらす。
  • まとまった文章を書いたあとは、絶対に読み直さない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/23/news010.jpg 会社のオンライン朝礼に子猫も参加した結果 永久にちょっかいを出し続ける自由ほんぽうっぷりがかわいい
  3. /nl/articles/2201/24/news018.jpg ハムスターが自分のアクリルスタンドを見てとったポーズが…… 飼い主が爆笑した奇跡の2ショットに「変な声でたw」と笑いが集まる
  4. /nl/articles/2201/24/news074.jpg 「イケメンの日ってことに」 井手上漠、珍しい“男子風”ノーメイクに「菅田将暉くんに似てる」の声
  5. /nl/articles/2201/23/news011.jpg 「好きだから」とクラスメイトに監禁されて ストーカー女子を描いたホラー漫画が真相を知るともっとホラー
  6. /nl/articles/2201/24/news026.jpg 重要な商談で盛大なやらかし! 同僚へのドッキリ用「ビリビリ電気ペン」が悲劇を生んだエピソードに「申し訳ないけどめちゃくちゃ笑った」
  7. /nl/articles/2201/19/news160.jpg 疲れたOLがゲーセンでやさぐれヤンキーに懐かれる漫画が平和で癒やし 気付けば家で一緒にゲームをする仲に
  8. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  9. /nl/articles/2201/23/news016.jpg 兄猫「ぺちっ」子猫「や、やられたぁ〜!」 優しい猫パンチでコテっと倒れる弟猫がアニメのようでいとおしい
  10. /nl/articles/2201/22/news055.jpg 平愛梨、夫・長友佑都の勘違いにかわいい“対策”発動 「懐が大きいなぁ〜」「長友さんは幸せもん」とファン絶賛

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」