ニュース
» 2018年04月15日 12時00分 公開

“鳥と鎧”の意外な組み合わせ 武具をまとった鳥たちのイラスト集があっぱれなクオリティー司書メイドの同人誌レビューノート

すごく似合う。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 今春は晴れの日が続きますね。窓を開けて、ぴかぴかのお天気にびっくりするほど。季節をうたう鳥の鳴き声も聞こえるころ、かっこいいイラスト集をご紹介します。

今回紹介する同人誌

『鎧鳥』

A5 20ページ 表紙・本文カラー

作者:とびはち


同人誌 動物 鎧 ワシ シャッツキステ 朱色が羽と武具を引きたてて、なんて凜々しい!

鳥が鎧(よろい)を纏うとこんなにかっこいい!

 丁寧に描かれた一羽のワシ。淡い色合いながら細やかな線の重なりで、あたたかみを感じる羽毛……でも、それを覆っているのが、鎧兜だなんて! かっこいい……。第一印象で、その格好よさに撃ち抜かれます。

 猛禽類の鋭い眼光が兜の下からのぞくと迫力が増します。一方で、まるまるとした小さな鳥の鎧兜姿は凜々しくも、キュートさだって感じます。今まで考えてもみなかった組合せなのに、違和感なくそのいでたちを楽しんでしまいます。

同人誌 動物 鎧 ワシ シャッツキステ同人誌 動物 鎧 ワシ シャッツキステ 赤と青の対象的な組合せのイラストが隣り合っていて、もしやライバル関係? と妄想が膨らみますっ……

リアルと幻想。生物と人工物。異質がページの上で混ざり合う

 動物と鎧兜、どちらも繊細に描かれながらも、日常にそれらが混ざりあうことは、まずありえないファンタジーです。けれどもそれが、ふわりとした色合いでまとめられているせいか、見事に溶け合っています。

 鳥たちがまとった鎧に目をやると、鮮やかな色使いが要所要所で武具を引きたてますが、やわらかくくすんだ色味は、突出することはありません。そんな鎧はきっと長く愛用され、手入れをされてきたものではないかと想像してしまうのです。古来、大切な武具は丁寧に汚れを取り、磨かれてきたに違いありません。それはもしかしたら、鳥が自らの羽を毛づくろいするのに似ているでしょうか。この鎧は、どこかから借りてきた新品ではなく、長く慈しまれた愛用の品……そんな雰囲気を感じます。

同人誌 動物 鎧 ワシ シャッツキステ まるっこいのにかっこいい。こいのぼりも描かれて、いまの季節にぴったりですね

 そして、それを身につける鳥たちも、存在感を持って紙面の上に存在していて、あり得ないはずの「生き物と人工物」がページの上で混ざり合う様子は、違和感からの「気になる」ではなく、かっこいいものとかっこいいものが融合して、一層かっこよくなった! というすてきなマリアージュのようなんです。

「まなざし」と「しつらえ」から描かれた「鳥の感情」を思う

 そうして、ゆっくりとページをめくっていると、鳥たちの姿に個性を見いだしている自分に気が付きました。きりりとした姿ばかりではなく、ふくふくとした生き物の丸みからは愛嬌(あいきょう)を、羽を伸ばした姿からは飛び立つ前のような躍動感をそっと切り取ったようです。中には、煙管をくわえて紫煙をくゆらせる一枚も。

同人誌 動物 鎧 ワシ シャッツキステ この余裕。飄々とした、ただものではない感があふれてます

 この方は、戦の中でどんな立ち位置なのかしら? 調度品から、そういう立場って調べられるかも。歴史風俗の書架に行って、調べてみなくちゃ。それにしても、物憂げな雰囲気で、どんなことを考えているのかしら……。と、いつの間にか絵の中の鳥の気持ちや生き様を、脳内で追いはじめてしまいます。ああ、妄想はかどるわー!

 物言わぬけれど、その目、その姿、その身にまとった武具、それらの心地よい溶けあいが、全身で物語を語っているご本です。

同人誌 動物 鎧 ワシ シャッツキステ 戦のための武具なのに、優雅さを感じる一枚

サークル情報

サークル名:とりかごや

Twitter:@tonbippo08

連絡先:tonbippo☆gmail.com(☆を@に)


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 当館から道を挟んだお向かいに、大きな桜の木があります。花びらをエプロンで受け止められそうなほどの桜吹雪が舞っていましたよ

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | 動物 | イラスト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  2. /nl/articles/2206/29/news152.jpg 整形男子アレン、“歯抜け”も生じた深刻トラブルを解決 高額で入れ替えた歯の再施術も「一生ものではない」
  3. /nl/articles/2206/28/news174.jpg バーガーキングが“超巨大バーガー食べ放題”実施 約1700キロカロリーのバーガーを食べまくれる
  4. /nl/articles/2206/29/news003.jpg ゴールデンレトリバー「他のおやつがほしいのおおおー!!」 荒ぶるワンコのまさかの行動に飼い主爆笑【米】
  5. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  6. /nl/articles/2206/29/news139.jpg ゴルフ開始2カ月のダレノガレ明美、初ラウンドで驚きのスコアをたたき出す スタイル抜群のフォーム披露
  7. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  8. /nl/articles/2206/29/news118.jpg 幸せいっぱいでほっこり! 粗品、結婚後初の家族ショット 妻子と肩寄せ合う後ろ姿に「温かい愛感じます」
  9. /nl/articles/2206/28/news169.jpg ドラマ「ER」「クリミナル・マインド」の俳優メアリー・マーラ、61歳で溺死 川で遊泳中に溺れたか
  10. /nl/articles/2206/28/news025.jpg 野犬の群れで育った子犬を保護、初めはおびえていたが…… 心を開いて大きく成長したビフォーアフターに感動

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」