メディア
連載
» 2018年04月21日 12時00分 公開

「広告が嫌いなわけじゃない、不要な情報が欲しくないだけ」 女子高生が見た「ネット広告」 (2/4)

[中山順司,ねとらぼ]

誤クリックしたら「うぜえええええ!」と音速で戻るボタンを押す


父

 これまで一度もスマホで広告をクリックしたことない?


娘

 ないなあ……。


父

 スマホだとさ、誤クリックしちゃうことない?


娘

 ……それだ! スクロールしている指に下からふわーんって浮かんでくるヤツがかぶって、見たくもないページに飛ばされたことなら何度も。


父

 オーバーレイ広告ってやつだな。そういうときどうするの?


娘

 うぜえええええええええってなって速攻戻る。そういうのをカウントするなら押したことはあるけど、自分から能動的にクリックしたことはないな……いや、待って、そういえばあった。


父

 どんな広告?


娘

 留学関係の広告。高1のとき、アメリカかオーストラリアの短期留学を考えていたことがあって、結局いろいろあって実現しなかったんだけど。


父

 うんうん。


娘

 留学サイトを検索して調べまくっていたら、「まさにこれが知りたいんだよ」ってバナーが表示されて、迷わずクリックした。


父

 で、どうだった? 満足できる情報が得られた?


娘

 うん、欲しい内容が書かれていてよかった。ただ……。


父

 ただ?


娘

 その後、やたら留学関連の広告ばかり表示されるようになるっていう不思議な現象が……あれは一体なんだったんだろ。


父

 ターゲティングされていたんだよ。お前の検索行動や閲覧ページ、クリックした広告のデータをもとにユーザー像を推測し、ピンポイントでアプローチすれば、成約の可能性が高まるでしょ。


娘

 えっ、広告に追いかけられていたってこと? そういう技術があるんだ、すごいな。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.