ニュース
» 2018年05月01日 00時00分 公開

ねとらぼタイアップで「本当に読まれる記事広告」を作りませんか?

月間2億PV超えのねとらぼ編集部のノウハウを駆使して、「ネットで読まれる記事広告」を作成。ねとらぼテイストで「製品/サービス」をアピールします!

[ねとらぼ]

 ねとらぼの「タイアップ記事(記事広告)」で製品やサービスをアピールしませんか?

 ねとらぼは思わず笑えるおもしろニュースから社会に鋭く切り込む取材記事まで、ネット上で注目される話題を幅広く扱う月間2億PV超えのニュースサイトです。ねとらぼタイアップ記事はこうした読者目線を大切にした記事体裁の広告で、広告主様のブランディングのお手伝いをします。

 ネット上の流行の移り変わりは非常に早いもの。常にネットのトレンドをチェックしているねとらぼ編集部のノウハウを駆使して、記事広告でもいつものねとらぼと変わらぬ「今最もネット上で求められている記事」の形をご提案させていただいています。

 では、「ねとらぼタイアップ記事」では具体的にどんな記事ができるのか? 実際の事例を取り上げつつ紹介させていただきます。

ニュース・動画紹介系

 ねとらぼで一番多い記事パターンです。新商品やキャンペーン情報、PR動画などをねとらぼらしいゆるく楽しい切り口で紹介します。

 ニュース記事を制作する上で最も大切なのは、そのニュースのどこが一番読者にとって魅力的なのか、を見極めることです。

 上記の例だとFANZAのユニークな動画をねとらぼならではの切り口で紹介したり、「カブ通学という文化のユニークさ」「企業が感謝を気持ちを伝えたといういい話」という読者視点で興味深い要素を前面に出す記事にしたことで多くの読者に読んでいただけました。単なる情報の羅列にせず、ときには読者が求める情報を編集部側で噛み砕いたり補足するなどして、プレスリリースとは一味違う記事に仕上げます。

取材・インタビュー系

 ねとらぼの取材力をフルに生かして訴求したい商品の魅力をがっつり掘り下げます。

 意識するポイントは読者の「知りたい」に応えること。「会長」という役職そのものを掘り下げてみたり、「派遣業界の闇」という社会的に関心の深いテーマを軸に取材をしたりと、同じ企業PR案件でもより読者の興味にフォーカスすることで切り口はさまざまに変化します。

 安易にサービスや製品の直接的な訴求をするだけでは目の肥えたネットユーザーは記事を読んでくれません。読者の「気になる話、知りたいテーマ」を出発点に話をすることで、本当の意味で読者に届く広告記事にすることを心がけています。

企画・やってみた系

 いただいたお題をふくらませてネットユーザーの気になるあんなことやこんなことに挑戦する「企画・やってみた系」の記事も作成しています。

 「具体的な商品はないけど会社の魅力を伝えてほしい」「とにかく面白い記事を作りたい」、そんなときは個性的なねとらぼライターたちの出番です。

 「伝説のクソゲー」は世代が変わるとどんな感想が出るのかを検証したり、公式の投稿したレシピを編集部で実際にワイワイ食べてみたりと、製品やサービスを生かしつつ読者に楽しんでもらえる読み物に仕上げます。人気記事を数多く生み出してきた百戦錬磨のライター陣が、ネットユーザーと広告主様をつなげるステキな記事をご提供いたします。

 これ以外のパターンでも、さまざまなご要望に臨機応変に対応いたします。まずは一度ご相談ください!

3つのプランをご用意(2020年3月更新)

 ねとらぼタイアップ記事は、オリジナルプラン、シンプルプラン、PV保証プランの3種類をご用意しています。

クリックすると拡大します 2020年3月時点での情報です
クリックすると拡大します 2020年3月時点での情報です

 「オリジナルプラン」はねとらぼならではの企画を実施可能なプランです。取材・インタビュー系企画、やってみた系の企画が実施可能となります。「シンプルプラン」はニュース形式、動画いじりなどリリースベースの記事が実施可能なプランです。いずれのプランもねとらぼ外の誘導(Facebook、Twitter、ADネットワーク全般)運用が可能となっております。

 そして、どの誘導枠を使用するかは弊社にお任せいただき、PV数を保証する「PV保証プラン」もございます。30,000PV保証¥3,000,000(税別)からご予算に合わせてお選びいただけます!

 企画パターンは取材・インタビュー系企画、やってみた系企画、ニュース形式、動画いじりのいずれのパターンでも実施可能ですが、PV達成のため構成は基本的にねとらぼにお任せいただく形となります。

 今回ご紹介した他にもTwitterでの広告運用をつけたパッケージなどもご用意しておりますので、各プランの詳細やその他の展開についてはお問い合わせいただければ幸いでございます。

お申し込み〜制作スタートまで

 広告であっても、面白さや読みやすさ、ねとらぼらしさを重視しています。そのため、基本的に内容は編集部主導で決めさせていただきます。製品やサービスの訴求ポイント、プロモーションの目的をお聞きした上で編集部よりコンテンツ案をお出しし、その方向性で同意頂けた場合に実施、という流れを取っています。

記事掲載開始までのスケジュール

 記事内容へ合意いただき、制作開始から記事掲載開始までは約15営業日ほどいただきます。

クリックすると拡大します

 プロモーション対象となる製品、サービスは幅広く、さまざまな企業様からご出稿いただいています。興味を持たれました広告主様、制作代理店様、お気軽にお問い合わせください。

 ねとらぼタイアップ記事出稿実績はこちら


注意事項

  • ページにはPR表記と提供表記を掲示
  • ポータルサイト等へのフィードはナシ
  • 誘導広告の掲載終了後もページはホスティング
  • 個人の方によるご出稿は不可
  • 公序良俗に反する表現内容を含んだご出稿は不可


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」