ニュース
» 2018年05月07日 13時42分 公開

「まさか自分が相手役で実現するとは」 有村架純×神木隆之介、映画「フォルトゥナの瞳」で恋人役に初挑戦

人気の2人が、ついに恋人役に。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 女優の有村架純さんと俳優の神木隆之介さんが、百田尚樹さん原作の映画「フォルトゥナの瞳」(2019年公開予定)で恋人役を演じることが決定。2人の共演は4度目で、恋人役は初となります。

フォルトゥナの瞳 有村架純 神木隆之介 フォルトゥナの瞳 百田尚樹 恋人役 有村架純さん
フォルトゥナの瞳 有村架純 神木隆之介 フォルトゥナの瞳 百田尚樹 恋人役 神木隆之介さん


フォルトゥナの瞳 有村架純 神木隆之介 フォルトゥナの瞳 百田尚樹 恋人役 原作表紙

 過去に、ドラマ「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」シリーズ(TBS)や「11人もいる!」(テレビ朝日)、そして映画「3月のライオン」で共演した2人ですが、恋人役での共演は今作が初。原作は、死を目前にした人間が透けて見える“フォルトゥナの瞳”を手に入れてしまった青年・木山慎一郎が明るい女性・桐生葵と出会い、運命が見えるからこそ訪れる葛藤に悩みながら生きる姿を描いた作品です。

 以前の取材で「神木さんのラブストーリーが見てみたい」と答えていた有村さんは、今回の恋人役での共演に「まさか、自分自身が相手役で実現するとは」と驚きのコメント。「全力で三木さんの演出にお応えしていきたい」と抱負を語っています。

 また、有村さんから「信頼できる役者さんで、安心感しかない」と全幅の信頼を置かれる神木さんは今回のキャスティング前から原作を読んでいたとし「一人の男として大切な事を教えて貰ったような気がする」と運命的な出会いだったことを吐露。初めてのラブストーリーには“とても緊張”しているとしながらも、精いっぱい慎一郎を演じたいとコメントしました。

 監督は映画「アオハライド」や映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」でメガホンを取った三木孝浩さん。映画の内容を「ファンタジーであり、サスペンススリラーの要素もあるこの物語ですが、その根底に流れているのは愛の在り方を求めて彷徨う切ないラブストーリーであり、誰の身にも起こり得る選択と運命を描いた物語でもあります」と説明し、「神木隆之介くん、有村架純さんという素晴らしいキャスト二人とともにこの儚くも美しいこの愛の物語を丁寧に紡いでいきたいと思います」と意欲的にコメントしています。

神木隆之介コメント

このお話を頂く前に、たまたま原作を読んでいたので、お話を頂いた時は運命のようなものを感じました。慎一郎がどのような道を選択し運命に向かっていくのか、一人の男として大切な事を教えて貰ったような気がします。僕は今回、初めてラブストーリーに挑戦させて頂くのですが、とても緊張しています。三木監督をはじめとするスタッフ、共演者の皆さんに助けて頂きながら精一杯、慎一郎を演じたいと思います。有村さんは過去に何度か共演させて頂きましたが、今回は恋人役ということで、どんなお芝居になるのだろうと、今からとても楽しみです。三木監督は初めてご一緒させて頂きます。何度かお会いしましたが、とても優しく、役者の気持ちに寄り添ってくださる方だなと思いました。


有村架純コメント

これまでとは一味違ったラブストーリーができるのではないかと、脚本を読んで率直に思いました。出逢った二人が、本能的に惹かれあっていくさまを、微笑ましく、幸せに、どうかこの関係が壊れないでほしい、と思っていただけるように、一つ一つの描写を大切にしていきたいと思います。神木さんとは、今回四度目の共演となりますが、過去に神木さんとご一緒した取材で「神木さんのラブストーリーが見てみたい」と答えたものが、まさか、自分自身が相手役で実現するとは思ってもみなく、驚いています。とても信頼できる役者さんであり、安心感しかないので、楽しみながら一緒に頑張れたら嬉しいです。監督の三木さんは、いつかご一緒してみたい監督の一人で、このご縁を無駄にしないように、全力で三木さんの演出にお応えしていきたいです。とても丁寧に向き合って下さる方で、今から撮影が楽しみです。


三木孝浩監督コメント

今回の作品で、長編としては初のジャンルにチャレンジ出来る事にとってもワクワクしてます。ファンタジーであり、サスペンススリラーの要素もあるこの物語ですが、その根底に流れているのは愛の在り方を求めて彷徨う切ないラブストーリーであり、誰の身にも起こり得る選択と運命を描いた物語でもあります。神木隆之介くん、有村架純さんという素晴らしいキャスト二人とともにこの儚くも美しいこの愛の物語を丁寧に紡いでいきたいと思います。


(C)2019映画「フォルトゥナの瞳」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」