ニュース
» 2018年05月10日 15時20分 公開

開発担当生きてるか! 叶姉妹の“こだわり全部乗せ”フィギュアが最終形態へ、グッドルッキングガイもついに登場

ミニキーホルダーほしいな。

[深戸進路,ねとらぼ]

 叶姉妹の美香さんが5月10日、バンプレストが開発中の「叶姉妹フィギュア」が完成間近であることをブログで報告。かねて登場を予告していたグッドルッキングガイのミニキーホルダーとともに、「かなり精密な完成に近い状況」だという試作品の最終形態をお披露目しています。

叶姉妹 フィギュア Q posket バンプレスト 試作品 完成 叶姉妹フィギュア&ミニキーホルダーの最新バージョン(画像提供:サイバーエージェント)

 人気フィギュアシリーズ「Q posket」の新商品として開発中の叶姉妹フィギュア。2月に開催された展示イベント「JAEPO 2018」では試作品の公開監修が行われ、その後も月に1回のペースで、恭子さんのファビュラスなアドバイスをもとに進化した試作品の第2形態、第3形態が公開されていました(関連記事)。

叶姉妹 フィギュア Q posket バンプレスト 試作品 完成 試作品の第1形態(画像提供:サイバーエージェント)

叶姉妹 フィギュア Q posket バンプレスト 試作品 完成 第2形態(画像提供:サイバーエージェント)

叶姉妹 フィギュア Q posket バンプレスト 試作品 完成 第3形態、ドレスの色はかなり悩んでいるもよう(画像提供:サイバーエージェント)

 4体目となる今回は、ファンからの意見をふんだんに取り入れて“ほぼ完成”の状態まで仕上がったとのこと。ドレスカラーも第3形態から再び変化しており、美香さんは「あまりにもキュートでヘブンリーでアメージングに!」とそのクオリティーに太鼓判を押し、恭子さんのナチュラルな鬼監修に応えてきたバンプレストに対して、「誠実さとクオリティとプロ意識の高さにファビュラスな姉も私も心からリスペクトですよ」と惜しみない称賛を送っています。公開監修で滝汗を流していた開発担当のサカタさん生きてるかな。

 また、前回予告していた叶姉妹&グッドルッキングガイのミニキーホルダーも試作品が完成。テーブルに並べたかわいらしい写真や、エルメスの高級カバンにぶらさげたファビュラスな実用例などをアップしていますが、「髪型とヘアーの色と目の色、姉の顔の型と髪色、コメントにもありましたファビュラス君も作って欲しい、etc…をファビュラスな姉が女神の微笑みで」とミニキーホルダーに関しては恭子さんの監修が始まったばかりのようでした。飼い猫のファビュラスくんまでおねだりしちゃう恭子さん超クール。

叶姉妹 フィギュア Q posket バンプレスト 試作品 完成 カバン 実用例がエルメスのカバン(画像提供:サイバーエージェント)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」