ニュース
» 2018年05月11日 12時00分 公開

『ジャンプ』編集長ら語る「ジャンプの未来」は 「カギは少年誰もが知るキャラクター」「横断的漫画アプリは予定なし」(1/2 ページ)

5月9日にトークイベント「ジャンプのミライ2018」が開催。ジャンプ編集長たちが思うジャンプに足りないものとは。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 海賊版サイト問題に子どもの漫画離れ――日本の漫画産業の行方に注目が集まる中、国内漫画誌で発行部数1位を誇る『週刊少年ジャンプ』(集英社)はデジタル領域にどのように取り組んでいくのか。

 そんなジャンプの“未来”について語り合うトークイベント「ジャンプのミライ2018」が5月9日、東京都内で開催されました。IT関係者、開発者を招いてジャンプのデジタルサービスの「これまで」と「これから」について紹介するだけでなく、編集長たちがトークセッションを繰り広げるという異例な催しに。

ジャンプの未来 「ジャンプのミライ2018」トークセッションの模様

 トークセッションでは『週刊少年ジャンプ』の編集長・中野博之さん、「少年ジャンプ+」の編集長・細野修平さん、両誌の編集長を経て現在は集英社第3編集部部長を務めている瓶子吉久さん、「少年ジャンプ+」「ジャンプBOOKストア!」などの運営業務を担当したICE取締役の渡邉一弘さんが登壇。

ジャンプの未来ジャンプの未来 左から渡邉一弘さん、細野修平さん、中野博之さん、瓶子吉久さん

 今のジャンプに足りないもの、脅威に感じているコンテンツ、集英社内で横断的な漫画アプリは作る予定はあるのかなど、ジャンプの課題と展望について赤裸々に語りました。司会は集英社デジタル事業部の漆原正貴さん。

広告収入100%還元は他のジャンプアプリでもやってみたい

 「実はジャンプグループはかなり早い段階からスマホアプリに取り組んでいました」とジャンプのデジタル分野の歩みについて細野さん。

 『ONE PIECE』『NARUTO』といった作品単体のアプリをいくつか出したあと、2012年にはジャンプの電子書籍販売アプリ「ジャンプBOOKストア!」を、「Kindle」が上陸する前に配信開始。さらには「ジャンプLIVE」といった前身サービスを経て2014年に「ジャンプ+」をローンチしました。


細野: 「ジャンプ+」は今はアクティブユーザーが週間200万〜250万くらい、累計売上が84億円。『終末のハーレム』に『カラダ探し』、現在ドラマも放映中の『花のち晴れ』といったヒット作品も出し、われわれとしてもかなりうまく行っていると思っています。

 ジャンプに関係するアプリはすでに15点も存在しています。中でも7日に配信されたばかりの漫画投稿アプリ「ジャンプルーキー!」は、投稿者に広告収入が100%還元されるという異例な高設定ぶりが大きな話題となりました(関連記事)。


 『ONE PIECE』を超える大ヒット作品をジャンプで作るには“新人と出会う機会”を多く生み出すシステムが必要。そのために「ジャンプルーキー!」では環境をデジタルへと変えつつある描き手・読み手に集まってもらおうと、「ジャンプらしくないジャンルも募集」「縦スクロール漫画も大歓迎」など、“オープンな場”を意識してサービスを制作したそうです。

司会: こうした広告収入100%という試みは、他のジャンプアプリにも広げていく予定はあるのでしょうか?

細野: 「ジャンプ+」にも広げていければとは思います。正直われわれが作りたいものはヒット作であって、媒体として広告収入を得ることに大きなモチベーションはありません。広告収入が作家さんの意欲につながるのであれば積極的に還元して、ヒット作を作ってもらえる流れになればと考えています。『ONE PIECE』を超えるためには少しのお金はいい、という姿勢でやっていきたい。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む