ニュース
» 2018年05月11日 18時29分 公開

いつもは受けだが今度は攻め 舘ひろし、映画「終わった人」完成披露で見せた“枯れない役者魂”

ハングリー精神でアドリブや10行以上のセリフに挑戦。

[竹田津海渡,ねとらぼ]

 舘ひろしさん主演の映画「終わった人」の完成披露試写会が5月10日に都内で開催され、舘さんをはじめ共演者の黒木瞳さん、広末涼子さん、田口トモロヲさん、ベンガルさん、原作者の内館牧子さん、中田秀夫監督が登壇しました。

舘ひろし 終わった人 黒木瞳 広末涼子 田口トモロヲ 中田秀夫監督 ベンガル 内館牧子 前列左から黒木瞳さん、舘ひろしさん、後列左から内館牧子さん、田口トモロヲさん、広末涼子さん、ベンガルさん、中田秀夫監督

 「定年って生前葬だな……」という衝撃的な書き出しから始まる内館牧子さん原作の同名小説を、映画「リング」「仄暗い水の底から」などのホラー映画で知られる中田秀夫監督が「本当に撮りたかった作品」として手掛けた今回の作品。大手銀行のエリート街道から外れ、子会社に出向となった田代壮介(舘さん)が、定年をきっかけに第2の人生に挑戦する姿を描いたコメディー映画です。

舘ひろし 終わった人 黒木瞳 広末涼子 田口トモロヲ 中田秀夫監督 ベンガル 内館牧子 “ダサい”舘さんが見られる貴重な作品(YouTubeから)

 この日、キャスト陣は生前葬をイメージしたバラやユリなど約1000本の花々を背に登壇しました。舘さんは「私自身が終わりに近いので、あんまりやりたくないなとは思ったんですけど(笑)」とジョークを交えつつ、原作や脚本の面白さにひかれて出演を決めたと告白。今回で、中田監督作品の出演は3作目だという黒木さんは、「ホラーでないところで中田監督とご一緒できるということで、ものすごく興味が沸いた」と当時の心境を明かしました。

舘ひろし 終わった人 黒木瞳 広末涼子 田口トモロヲ 中田秀夫監督 ベンガル 内館牧子舘ひろし 終わった人 黒木瞳 広末涼子 田口トモロヲ 中田秀夫監督 ベンガル 内館牧子 壇上でも息ぴったりだった二人

 広末さんやベンガルさんが「終わった人」というタイトルに衝撃を受けたと話す一方で、田口さんは「中田監督が演出されると聞いたときに、これはゾンビ映画なのかと思いました。『終わった人』ということはゾンビかと」とジョークを飛ばして会場を沸かせる一幕も。広末さんのゾンビにならかまれてもいい。

舘ひろし 終わった人 黒木瞳 広末涼子 田口トモロヲ 中田秀夫監督 ベンガル 内館牧子 大好きな舘さんと黒木さんが出演すると聞いて、一気に映画の世界観が広がったと話す広末さん

 いつもは「受けの芝居」をやれといわれるという舘さんですが、今回は「攻めの芝居」を演じ、アドリブにも挑戦。そんな舘さんのことを、中田監督は現場で「あるときはヒッチコックの映画に出てくるケーリー・グラントのようで、黒木さんに髪を染めてもらうシーンではゲイリー・クーパー、浮気もどきがバレそうであたふたするシーンでは植木等のようだ」と、名優に例えてべた褒めしていたといいます。これには舘さんも「中田監督は乗せるのがうまいんですよ(笑)」とはにかみ顔でした。

舘ひろし 終わった人 黒木瞳 広末涼子 田口トモロヲ 中田秀夫監督 ベンガル 内館牧子 監督からの賛辞に照れ笑いする舘さん

 会見では、作品になぞらえて「生前葬をするとしたら?」との質問も。「あのね、生前葬なんて考えたことないよ(笑)」と答える舘さんですが、質問者が「いまやられる方も多いので」と返すと「してもいいかなあ、いっぱい香典がもらえるなら(笑)」と即答。「第2の人生を考えるとしたら?」との質問には、「酒池肉林」と定年とは程遠いハングリー精神を披露していました。

舘ひろし 終わった人 黒木瞳 広末涼子 田口トモロヲ 中田秀夫監督 ベンガル 内館牧子 「酒池肉林」の字を指で書く舘さん

 終始、舘さんをキラキラとした目で見つめていた広末さん。小学生のころから「あぶない刑事」が好きだったそうで、「舘さんと柴田恭兵さんの走り方をまねしていた」というコアなエピソードも飛び出しました。「あぶない刑事」で舘さんと共演していたベンガルさんは、「終わった人」の撮影現場で舘さんの成長を感じたようで、当時「3行以上のセリフはいらない」と勝手にセリフをカットしていた舘さんが、作品の終盤で10行以上のセリフをしゃべるのを聞き「『なんだ、やればできるんじゃん!』って目の前で見て、うるうるしちゃいました」と告白。その言葉に舘さんが頭を下げると、会場からは笑いと拍手が沸き起こりました。

舘ひろし 終わった人 黒木瞳 広末涼子 田口トモロヲ 中田秀夫監督 ベンガル 内館牧子 すてきな関係

 映画「終わった人」は6月9日公開。舘さんは「定年は終わりじゃなくて、次のステージへの始まりだと、そういう風に感じさせてくれる映画だと思っています」と、定年後の第2の人生にも希望を抱かせる一言で締めくくりました。

舘ひろし 終わった人 黒木瞳 広末涼子 田口トモロヲ 中田秀夫監督 ベンガル 内館牧子 フォトセッションでは、広末さんが足を踏み外すハプニングも。ケガしなくてよかったー

関連キーワード

広末涼子 | 映画 | 定年 | 人生 | ジョーク | コメディ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」