コラム
» 2018年05月18日 11時30分 公開

「ローマの休日で知られる『真実の口』は、古代のマンホールのふた」って本当?

確かに形は似てるけど……?

[ねとらぼ]

 サンタ・マリア・イン・コスメディン教会(イタリア)にある「真実の口」といえば、映画「ローマの休日」に登場することで有名。同作で「ウソつきが手を入れると、手が抜けなくなる」などの伝承があることを知った人も多いのでは?

 しかし、本来の用途は全く異なり、「かつてはマンホールのふたとして使われていた」といわれることがあります。これは本当なのでしょうか。



「ローマの休日で知られる『真実の口』は、古代のマンホールのふた」って本当?

 イタリアの企業・DPS-Promaticによると、真実の口は石材で作られた円盤状の彫刻で、直径は175センチ、重量は1200キロに及びます。中央にはひげの生えた男性の顔があしらわれ、目、鼻、口部分には穴が空けられています。

 真実の口は現在、ローマの観光名所となっていますが、一説には「もともとはマンホールのふたで、顔の穴から雨水などを排水していた」といわれています。


穴の機能は“ウソ発見器”ではなく、排水だったというわけです

 DPS-Promaticも、これに近い「排水設備のふた」説が「最もポピュラーな理論」だとしているのですが、その信ぴょう性については「もしも路上にあり、流れる水が多かったら、水が通過する穴(目、鼻、口部分)に侵食の跡が明白に残るだろう」と否定的です。

 つまり、現代のわれわれが路上で見掛けるマンホールと同じような使い方だとしたら、もっと状態が悪かっただろう、というわけです。



 対して、最も信ぴょう性が高いとしているのは「屋根の一部に穴が空いている建物(※)に設けられた取水口のふた」説。「水の出入口に置かれるふた」という意味では「古代のマンホールのふた」説に似ていますが、設置場所がかなり特殊です。

 このような不完全な屋根だと雨水が多少入ってくるはずですが、路上よりは水量が少なくなるため、真実の口があまり侵食されなかったのではないか、と推測しているようです。

※ 変わった形状の屋根ですが、確かにローマの神殿「パンテオン」の屋根は、中央に穴が空いています。


パンテオンの屋根

主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ