コラム
» 2018年05月19日 11時00分 公開

「こたつの赤い光には、実は意味がない」って本当?

昔のこたつにはよくあった赤色光。

[ねとらぼ]

 こたつの電源を入れたらヒーターが赤くなり、次第に暖かくなってくる―― 最近では少なくなったといわれていますが、昔はこのように赤い光を放つこたつがよく使われていました。

 でも、実はこの赤い光自体には、暖める効果が無いってご存じでしたか? 今回はこたつの雑学をご紹介します。


昔はこんな風に、中が赤くなるこたつが多かったのですが……

「こたつの赤い光には、意味がない」って本当?

 種類にもよりますが、こたつの熱源には赤外線などが利用されています。赤外線はリモコンなどにも利用される見えない光(不可視光線)で、視覚的に捉えることはできません。つまり、こたつの赤く見える光は、赤外線ではないのです

 では、あの光は全く意味がないのに発せられていたのか……というと、そういうわけではありません。あれはそもそも「赤=暖かい」というイメージを利用して、こたつの暖かさを分かりやすく伝えるために導入されたもので、1960年に発売された赤外線ランプ式こたつが、そのはしりだといわれています。実用性ではなく、心理的な効果を狙った機能だったというわけですね。



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する