ニュース
» 2018年05月19日 14時57分 公開

「なんで、もう会えないんだろう」 西城秀樹の訃報に“80年代アイドル”西田ひかる、森口博子、早見優が思い明かす

3人はNHK「青春のポップス」で西城さんと共演。

[深戸進路,ねとらぼ]

 5月16日に急性心不全のため63歳で逝去した歌手の西城秀樹さんについて、番組共演の機会も多かった80年代アイドルの西田ひかるさん、早見優さん、森口博子さんがそれぞれのブログで思いをつづりました。3人は西城さんが司会を務めたNHKの音楽番組「青春のポップス」にアシスタントとして出演していました。

西城秀樹 西田ひかる 早見優 森口博子 青春のポップス 80年代アイドル 番組当時は40代だった西城さん(画像は西田ひかる公式ブログから)

 同番組の3代目アシスタントを務めた西田さんは、「デビュー当時から常にチャレンジ…素晴らしい活躍にあらためて偉大さを感じて…」「仕事でご一緒させて頂いた時も、常に優しく接していただきました」と華々しい活躍や間近で見てきた西城さんの姿を回顧。番組の思い出として、「英語の曲を、ポップスはもちろん、スタンダード、ロック、バラード…なんでも歌いこなされて」とどんな曲でも自分のものにしてしまう“秀樹節”が印象的だったことをつづり、リハーサル中の様子など当時の2ショット写真を公開しています。

西城秀樹 西田ひかる 青春のポップス 80年代アイドル 番組リハーサル中の2人(画像は西田ひかる公式ブログから)

 また、2代目アシスタントの早見さんは、最後の共演となった2016年春のイベントを振り返り、同じく80年代アイドルの松本伊代さんと並んだ3ショットをアップ。その後、「実は、とても嬉しい偶然があったのです」と1年半前にホテルのロビーで偶然出会ったことを明かしており、「ほんの5分でしたが、ロビーのソファでお話しさせて頂きました」と西城さんとの最後の会話に思いをはせていました。

西城秀樹 早見優 松本伊代 青春のポップス 80年代アイドル 早見さん、西城さん、松本伊代さんの3ショット(画像は早見優公式ブログから)

 初代アシスタントで、ともにガンダムソングを歌ったガンダムファミリーでもあった森口さんは、「プライベートでも妹のように可愛がってくれた」「大リスペクトです。なんで、もう会えないんだろう。淋しくて、悲しくて、悔しいです」と突然の訃報にやりきれない思いを吐露。

 西城さんがアニメ「∀ガンダム」(1999年)の主題歌を担当することが決まった際の会話など、当時の印象深い思い出を振り返っており、「もっともっと秀樹さんとお話ししたい事が、後から後からあふれて来ています」「永遠のハートフルスター西城秀樹さんをずっとずっと忘れません。愛をこめて」と言葉を尽くして胸に募る思いをつづっています。

西城秀樹 森口博子  ∀ガンダム ガンダム 青春のポップス 80年代アイドル ガンダムファミリーでもあった西城さんと森口さん(画像は森口博子公式ブログから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」