ニュース
» 2018年05月25日 12時45分 公開

「不安が隠せない」「これは案外観てみたい」 漫画『ヒカルの碁』、中国で実写ドラマ化決定にネットざわつく

5月18日に行われた愛奇芸の世界大会で発表。

[のとほのか,ねとらぼ]

 ほったゆみさんが原作を務めた小畑健さんの漫画『ヒカルの碁』が、中国で実写ドラマ化されることが決定。2019年夏ごろから中国の大手動画サイト「愛奇芸(iQiyi)」で配信されます。

ヒカルの碁 実写 ドラマ 中国 愛奇芸 中国版イメージポスター

 1999年から2003年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた同作は、主人公の進藤ヒカルが天才囲碁棋士・藤原佐為の霊に取りつかれたことをきっかけに囲碁の世界にのめり込み、「神の一手」を目指す姿を描いた作品。単行本の累計発行部数は2500万部を記録し、2001年にはアニメ化もされるなど人気を集めました。

ヒカルの碁 実写 ドラマ 中国 愛奇芸 原作1巻(画像はAmazonから)

 中国で『棋魂』のタイトルで出版された同作の実写化にネット上では、「中国での実写ドラマ化と聞いて、何か面白そうって感じる」「これは案外観てみたいかも」など期待を寄せる声がチラホラ。一方で、「ヒカルの碁実写化なぜ中国」「佐為どうやって実写するの?」「舞台は日本のままでヒカルも日本人設定で、佐為もそのまま平安貴族でいくのかしら?」「不安が隠せない」とキャラクターや舞台設定、ストーリーがどこまで描かれるのか戸惑いを隠せない人もいるようです。

 監督を務めるのは、映画「はたち」やネットドラマ「最高の私たち」を手掛けた劉暢さん。制作は、ドラマ「三国志 Three Kingdoms」をプロデュースした趙文竹さんが代表を務める厚海文化が担当します。

関連キーワード

実写 | 中国 | ドラマ | 漫画 | 囲碁


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」