ニュース
» 2018年06月01日 14時35分 公開

「10年後私は捨てられるんだ」 42歳モデル仁香、16歳下カメラマンとの真剣交際に葛藤明かす

仁香さん「年上女性の成れの果ては分かりきっている!」。

[深戸進路,ねとらぼ]

 モデルの仁香さんが6月1日、16歳下のカメラマン柴田翔平さんとの真剣交際についてInstagramで言及。「ワクワクより不安や怖さの方が強かった」「1番年の差を気にしていたのは私でした」など、柴田さんとの年齢差に葛藤していた過去を明かしています。

仁香 柴田翔平 カメラマン 年齢差 16歳差 シングルマザー 子ども 交際を公表した仁香さんと柴田さん(画像は仁香Instagramから)

 各メディアの熱愛報道を受け、5月31日にInstagramで交際を公表した仁香さん。ファンや境遇を同じくする女性から多くのメッセージが寄せられたことに感謝をつづりつつ、柴田さんの思いになかなか向き合うことができなかったという交際当初の葛藤を吐露しました。

 柴田さんに引かれていく中で、「こんなにも年の離れた方とうまくいくわけがない! 年上女性の成れの果ては分かりきっている!」と常に年上としての苦悩があったという仁香さん。自分自身だけでなく、「私たち世代はまだまだ昭和スピリット。親の顔ばかり浮かびました」と両親に対する体裁などリアルな問題にも頭を悩ませていたそうで、交際当初はささいなすれ違いがあるたびに「10年後私は捨てられるんだ」とネガティブな未来を想像し、自ら何度も別れを切り出していたといいます。

仁香 柴田翔平 カメラマン 年齢差 16歳差 シングルマザー 子ども 交際を大きく取り上げたスポーツ誌を見て驚く仁香さん(画像は仁香Instagramストーリーから)

 それでも、「彼は諦めずに何度も何度も向き合って付き合ってくれた」と柴田さんの熱い思いや、友人らのサポートのおかげで前に進めたという仁香さん。「私がさ、52になったらさ」「翔平はさ、まだ36なんだよ」と口癖のように言っていたという悲観的な言葉も随分減ったそうで、最近では「人対人。って考えるように心がけています」と交際を公表できるまでに意識の変化があったことを明かしました。

 仁香さんは2006年に一般男性と結婚し、2008年には第1子となる男児を出産。2014年の離婚後はシングルマザーとして育児やモデル業に励んでおり、今回の投稿の最後には「息子についてもたくさんご意見頂いてますのでまたお話ししたいと思います」とコメントも添えています。交際発表の際には、柴田さんと息子がともにサーフィンを楽しむ姿など良好な関係がうかがえる写真がアップされていました。

仁香 柴田翔平 カメラマン 年齢差カップル 16歳差 シングルマザー 息子 仁香さんの息子と柴田さんの2ショット(画像は仁香Instagramから)

 また、柴田さんもInstagramで「1人の女性として大切に想い愛していると同時に母親としての彼女、仕事人としての彼女をとても尊敬しています」と仁香さんへの思いを明かし、交際への反響の大きさには「僕の彼女のパワーはすごいんだ! と改めて実感してしまいました」と驚きのコメント。ファンからは、「素敵なお二人の幸せをずっと見守っています」「人を好きになるって尊いですね」「彼の愛の勝ちですね お幸せに」など温かなメッセージが多数寄せられています。

仁香 柴田翔平 カメラマン 年齢差 16歳差 シングルマザー 子ども 柴田さんが撮影した仁香さん(画像は柴田翔平Instagramから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン