ニュース
» 2018年06月02日 11時00分 公開

「昔は靴も買えなかった」「上司からは大体嫌われる」 本業年収1000万超え、包丁YouTuberの異常な仕事愛(1/4 ページ)

ストイックすぎる。

[イッコウ,ねとらぼ]

 YouTubeに包丁の動画を投稿し続ける「圧倒的不審者の極み!」というYouTuberがいる。2016年にチャンネルを開設し現在の登録者数は50万人近く、総視聴回数は約7000万回を超えた。HIKAKINやはじめしゃちょーのような「大人気YouTuber」とまではいかないが、投稿された動画はどれもYouTube急上昇ランクに続々とランクインする人気だ。

 注目を集め始めたのは2017年11月に投稿した「骨董品店で買った錆包丁を18時間手作業で研いだ結果」という動画。タイトルの通り“錆びた包丁をひたすら研ぎ続けるだけ”というトガった内容だったにもかかわらず、この動画は執筆時点で1000万回以上再生されている。

飛躍のきっかけとなった錆包丁の動画。研ぎ終わった頃には見た目もピッカッピカで、スポンジをサクッと切断するほどの切れ味に

 その後も続々と包丁を研ぐ、もしくはパスタ、鰹節、木材などの素材から包丁を作る動画を投稿し、ヒットを量産。今では“包丁を研ぐYouTuber”として急上昇ランクの上位常連だが、一般的なYouTuberのように自身のキャラクターを前面に出すことはない。顔はおろか、手元以外の部分が映っていることもまれで、動画内では声すらださないことがほとんどだ。

 その人柄は謎のままだが、職業に関する質問に答える形で公表した源泉徴収票によると、本業の年収は1000万円オーバー。しかもYouTubeでの活動を開始する1年前の時点で1000万円を超え、翌年には1200万円を超えるほど。休みの日でも365日、1日最低5時間は何らかの仕事をしてしまうらしく、「普段は圧倒的社畜の極み」と自嘲するほどの仕事人間だという。

7分35秒ころから質問コーナー。「ニートですか?」の質問に答える形で源泉徴収票を公開した

 せっかくの連休も包丁を研ぎ続ける「圧倒的不審者」でありながら、仕事をこよなく愛する高給取りサラリーマンとしての一面も持つ。そんな「包丁YouTuber」を取材してみると、「靴を買えないほど貧しかった」「疲労骨折するまで夜の山で走った」など、インパクト抜群な人間性が見えてきた――。


「無駄な知識は無い。新しいアイデアは複数の知識から生まれる」というのが持論

―― 基本的なところですが、年齢はおいくつでしょうか?

圧倒的不審者の極み!(以下「極み」): すみません。年齢は非公開ですが、おおむね見た通りだと思います。

―― なぜYouTube上の活動を始めたのですか?

極み: 1つは、近年YouTuberが認知されるようになってきましたので、YouTuberに意見するために、その職業を正確に理解する必要があると思ったからです。

 2つ目は「1再生数0.1円」という定説があって、それが事実か知りたかったからです。この業界への単なる好奇心ですね。再生単価については、現在ではある程度の平均値がとれたので、おおむね事実を知れたと思います。

―― 「1再生0.1円」というのはよく聞く話ですね。これは事実だったんですか?

極み: これを正確に公表するのはグーグルアドセンス違反になるそうなので正確に伝えることはできません。申し訳ございません。他のYouTuberのデータを見せてもらったことがありますが、チャンネルの動画内容にもよっても大きく異なるようです。

―― YouTubeでは包丁を研ぐ動画が注目されていますよね。錆びた包丁の動画から始まって、最近では特殊な素材をもとにして包丁を作ったり……。包丁動画を投稿し始めたきっかけはありますか?


包丁 圧倒的不審者の極み 錆びた包丁の動画以降、包丁の動画を多数投稿している

包丁 圧倒的不審者の極み 流行の「アルミ玉」ではなく、「アルミ包丁」も製作

包丁 圧倒的不審者の極み パスタ包丁の動画では、パスタを砕いて固めてから1週間乾燥させてから包丁研ぎ作業に。手間かけすぎ

包丁 圧倒的不審者の極み 完成

包丁 圧倒的不審者の極み なお、パスタ包丁はおいしくいただきました

極み: 包丁研ぎに初めて触れたのは小学校1年生のころでした。当時はガタガタの砥石で適当に研いで刃にカエリが出たら反対側を研ぐということだけ母に教わった記憶があります。それからはほとんど包丁研ぎはしていませんでしたが、社会人になって自炊するようになったとき、昔の思い出に浸りながら研いだりはしていました。きっかけはそんなもので、プロでもありませんし専門知識の人にも教わったことはございませんので全て我流でやっています。

 反響が大きかったのは……再生数だけなら錆包丁と100円の包丁を3万円の砥石で研ぐ動画だと思いますが、公開された期間を考えると現段階では木材の包丁でしょうか。


包丁 圧倒的不審者の極み 非常に硬い木材「リグナムバイタ」を包丁に加工。この動画も800万再生を超えている

―― 錆びた包丁の動画では約18時間もぶっ続けで研ぎ続けていましたよね。いずれの包丁もとてつもない手間がかけられていると思うのですが、1つの動画にどのくらいの時間をかけていますか?

極み: 空いた時間に毎日作業して1週間は掛かります。もともと何もしない時間に罪悪感を感じる性格なので、一般の方がゆっくりされている時間にひたすら研いでいる感じです。

―― なんだか包丁を研ぐことへの執着も感じますね……。やはり他のことにものめり込んでしまうタイプなんですか?

極み: はい、長所でも短所でもあると思いますが、ひたすらやり続けるタイプです。もともとはそうではなかったのですが、どうせ同じ時間を使ってやるならできるだけベストを尽くすようにしています。そうすれば、知識や特技などが少しずつ増えていくので。

 「無駄な知識は無い。新しいアイデアは複数の知識から生まれる」というのが持論なので、せっかくチャレンジするきっかけなら何でも追求するようにマインドコントロールしていたら、こんな感じになりました。


包丁 圧倒的不審者の極み 鰹節を研いで(?)包丁に。その発想はなかった

―― ……なんというか、思考がとてもストイックですよね。

極み: もうお分かりだと思いますが、軽く物事を楽しむとかができない性格になってしまって……(笑)。基本的に周りと温度差が激しいので、人と行動するときは周りの人に合わせるように気を使わないと非常にめんどくさい人間です(笑)。


包丁 圧倒的不審者の極み 錆びた包丁の動画では、約18時間包丁を研ぎ続けていた

―― なるほど。1月の動画では、YouTuberが本業ではないという旨の発言がありましたが、YouTuberを本業にして活動していくことは考えていますか?

極み: 一本に絞ってやったほうが良い結果が出るのは今の本職で経験しています。ですので、本業、YouTuber問わず結果を出すのには何でも一本に絞った方が良いと思います。しかし現在は考えていません。私の動画の再生数が上がったのは去年の11月くらいでしょうか。まだ半年程度しかたっていませんので、私のチャンネルの長期データが無い状態です。この状態では私自身が私のYouTubeチャンネルに対して信用がないので本職にすることはありませんし、特に現状を不便に思っていませんので、このまま現状維持でやっていこうと思います。


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  4. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  5. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  8. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  9. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する