ニュース
» 2018年06月04日 16時38分 公開

「本当に大好きになって良かった」 イモト、ラストツアーを終えた安室奈美恵へ愛を語る

芸能界きってのアムラー。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 お笑いタレントのイモトアヤコさんが6月4日、安室奈美恵さんのラストツアー「namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜」で販売されたファングッズのロゴをSNSに投稿し、安室さんへの愛を語っています。感情の昂ぶりが伝わってくる。

イモトアヤコ 安室奈美恵 引退 ラストツアー ファイナル アムラー ツアーロゴである25thマーク(画像はイモトアヤコInstagramから)

 「本当に本当に大好きになって良かったです」と、安室さんへの深い愛情を写真に添えたイモトさん。ファイナルコンサートでかけがえのない時間を過ごしたようで、「最高に楽しく尊い時間、ありがとうございました」と感謝の言葉をつづっています。コンサートで燃え尽きたんだろうな。

 安室さんが2017年9月に1年後の引退を発表した際には、ツアーグッズのタオルを首にかけた写真を投稿し、「正直あんまりにもびっくりしてなかなか実感がわきません」とうつろな様子でコメントしていたイモトさん。その4カ月後の1月にはバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でハワイにあるマウナロア山に登り、「最後の安室ちゃんのコンサートいけますように」と朝日に向かってお祈りした切実な様子が放送されました。

イモトアヤコ 安室奈美恵 引退 ラストツアー ファイナル アムラー 安室さん引退宣言を受けて驚きのコメントを寄せていました(画像はイモトアヤコInstagramから)

 3月には「1年後の9/16まで全身全霊かけてアーティスト安室奈美恵さんを応援したいです」と公言していた通り、同番組で足を運んだ中国では安室さんの引退を盛り上げるため奮闘。太眉はそのままに、ロングの茶髪でアムラー魂を見せ、「PARADISE TRAIN」などの楽曲を歌い上げました。

 安室さんは6月3日、国内ドームツアー17公演とアジアツアー6公演に渡った現役最後のツアーを終了。全公演で約80万人が集結し、ファイナルとなった東京ドームには全国から約5万2000人のファンが駆け付けました。代表曲となる「CAN YOU CELEBRATE?」では純白のドレスで登場。最後のMCでは25年間の思い出を語ると、「最後は笑顔で、みんな元気でねー! バイバーイ」と言い放ちステージを旅立ちました。安室ちゃんらしい潔さだった。

イモトアヤコ 安室奈美恵 引退 ラストツアー ファイナル アムラー ファンへの感謝をネオンに込めて

イモトアヤコ 安室奈美恵 引退 ラストツアー ファイナル アムラー 「CAN YOU CELEBRATE?」で披露した純白のドレス

 念願かなったらしきイモトさんに、ファンの中には「イモトが行けて本当に良かった」と自分のことのように喜ぶ人も。一緒に参戦していた人からは「今日とても楽しかったね これからもずっとアムラー」と力強いコメントが寄せられている他、「安室ちゃんサイコー!! イモトサイコー!!」と2人をたたえるコメントも寄せられていました。ファンに愛されてるなあ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」