コラム
» 2018年06月05日 11時00分 公開

レオタードはもともと、“フランスのマッチョなヒゲダンディー”が着るものだった

ナイスバディー(筋肉)

[ねとらぼ]

 体操競技などで使われる、レオタード。女性用のスポーツウェアというイメージがありますが、もともとは“マッチョなヒゲダンディー”が着用した衣装だったとか。今回は、そんなレオタードの雑学をご紹介します。



レオタードはもともと、“フランスのマッチョなヒゲダンディー”が着るものだった

 19世紀フランスの曲芸師ジュール・レオタール(Jules Léotard)は、空中ブランコ芸を世界で初めて披露したことで知られている人物。上半身は引き締まった逆三角形で、顔には口ひげというダンディーな姿をしていたようです。

 レオタールは演技を行う際、自身が開発した上下一体型のタイトな衣装を着用。「動きやすく、衣服がブランコに引っ掛からない」という実用的なメリットに加え、「観客にたくましい肉体美を見せたい」というパフォーマンス上の意図もあったとか。やっぱりというか何というか、女性から大人気の曲芸師だったといいます。


マッチョな肉体がよく分かる衣装を着用したジュール・レオタール。これでブランコを使い、空中を飛び回っていたわけですから、スーパーマンのようなかっこよさがあったのかもしれません(画像はWikipediaより)

 彼は、30歳前後と若くして亡くなりましたが、彼の名前は衣装の名称として残ることに。「レオタード=新体操やバレエで着るもの」という印象が強いものの、レスリング、ウェイトリフティングといった競技のスポーツウェアにも影響を与えたといわれています。


こんな感じの身体にフィットした服装の選手、TVなどで見たことあるのでは?

主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声