ニュース
» 2018年06月12日 17時11分 公開

森田童子さんの死、ファンから悲しみの声 「またひとり偉大な歌手が」「青春の1ページでした」

4月に亡くなっていたことが明らかとなりました。

[久郷遥,ねとらぼ]

 1970〜80年代に主に活躍し、活動休止後も愛され続けたシンガーソングライターの森田童子さんが、4月24日に亡くなっていたことが分かりました。65歳でした。日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報で明らかとなり、ファンからは追悼の声が多数寄せられています。

森田童子 シンガーソングライター さよならぼくのともだち 高校教師 たとえばぼくが死んだら ぼくたちの失敗 亡くなった森田さん(画像はAmazon.co.jpから)

 森田さんは、23歳のころにシングル「さよならぼくのともだち」(1975年発売)でデビュー。哀愁を誘うメロディーや、とつとつと語りかけるような特徴的な歌声が持ち味で、カーリーヘアにサングラスという装いも相まって、独自の世界観を持つアーティストとして地位を確立。ところが、1983年のライブ後にひっそりと活動を休止していました。

 事実上の“引退”状態の中、1993年放送のテレビドラマ「高校教師」で、1976年発売のシングル「ぼくたちの失敗」が主題歌に抜てきされ大ヒットを記録。さらに、2003年に同ドラマの新作が放送され、再び「ぼくたちの失敗」が主題歌として使用されました。2016年には、長く廃盤状態の続いた楽曲の最新リマスター版CDが再発売されるなど、長きに渡って人気を博しました。

森田童子 シンガーソングライター さよならぼくのともだち 高校教師 たとえばぼくが死んだら ぼくたちの失敗 ドラマ「高校教師」のジャケット(画像はAmazon.co.jpから)

 ネット上では森田さんの訃報を受けて、「『ぼくたちの失敗』は名曲でした。合掌」「極端にメディアへの露出を好まない方だったので二ヶ月遅れの訃報を聞いて『森田童子らしい終焉だな』と」「またひとり偉大な歌手が旅立ちました」など死を悼む声が続々と投稿されており、「彼女の音楽を聴いて絶望の淵から生きることを選んだ人がどれだけいることだろう」「森田さんの歌声に出会えたことに感謝します」「青春の1ページでした」など、森田さんの楽曲に心を救われた人々からの感謝の言葉も見られました。

森田童子 シンガーソングライター さよならぼくのともだち 高校教師 たとえばぼくが死んだら ぼくたちの失敗 「狼少年 wolf boy」リマスター版のジャケット(画像はUNIVERSAL MUSIC JAPAN 森田童子オフィシャルサイトから)

関連キーワード

ドラマ | 訃報 | JASRAC | 音楽 | 追悼 | 人気 | サングラス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む