ニュース
» 2018年06月17日 09時00分 公開

「囲め囲め!」「引きずり落とせ!」ハマると抜け出せない“作品の沼” 沼住人たちの生体を描いた漫画に共感殺到

ようこそ作品の沼へ。

[関口雄太,ねとらぼ]

 “沼”とは特定の作品やジャンルの「抜け出せないような魅力」にハマってしまう際に使われるネットスラング。ある作品について「これめっちゃ面白い!」とつぶやくと、その作品のファンが押し寄せ、愛好者が集う“沼”へと引きずり込もうとする……。そんなTwitter上で生まれる交流を描いた漫画が反響を呼んでいます。



 ふだんから大切にしている作品に新しいファンが増えるのはうれしいことです。作品のファンは耳をすまし、新しい仲間が増えるタイミングを伺っています。「やばい……ハマりそう……」と呟くと、沼の住人たちが「ザバァ……」と音を立てて急浮上。DVDや公式ガイドブックを抱えて「ようこそ」と、自らの沼に引きずり込もうと話しかけてきます。作品愛と勢いがすさまじい……!


「引きずり落とせ!」 沼の仲間を歓迎する様子を描いた漫画に共感殺到 推しが止まらない

 さらに、いつもは別の沼にいるフォロワーさんや、まったく違う沼にいたはずの人たちまで、作品のファンとして一瞬で団結し、「囲め囲め!」「引きずり落とせ!」と、新しい世界へと連れて行こうと号令をかけます。圧倒的なチームプレーで、気づいたときには沼の中かも……。


「引きずり落とせ!」 沼の仲間を歓迎する様子を描いた漫画に共感殺到 「ハマりそう」を聞きつけて急浮上

 pon×2(@ponpon_2501)さんが漫画を投稿すると、いろいろな沼の住人たちから共感が殺到。「新しい仲間めっちゃうれしい! 沼人カモンと歓迎コールしてしまう」「外から見たら沼だけど入ってみたら温泉」など、沼の魅力を語るコメントが寄せられています。




 作者のpon×2さんは、ファンアートを描くことで国や性別をこえて創作への熱い想いを感じたこともあるのだとか。知らない世界へ引きずり込んでくれる沼。SNSならではの楽しみですね。



画像提供:pon×2(@ponpon_2501)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」