ニュース
» 2018年06月19日 07時30分 公開

毎日が尊さとの戦い!? 百合男子が女子しかいない高校に入学してしまった創作漫画が萌え忙しい

百合男子の奮闘。

[ひーこ/プレスラボ,ねとらぼ]

 女性の同性愛を扱ったジャンル「百合」を愛する男子が、男が自分しかいない高校に入学しまった――そんな創作漫画がTwitterに投下され、「連載してほしい」「なんですかこの天国」「めっちゃ好き」と大好評です。作者は同人漫画やイラストを制作している櫻井亜矢子(@kyo_anzuya)さん。



 百合男子である主人公が入学した高校は、なんと自分以外全員が女子。男性の夢が詰まったハーレム展開に発展しそうな設定ですが、主人公はハーレム気分を味わうどころではありませんでした。そう、百合男子の彼にとっては、男性である自分がここに存在していること自体がタブー。しかし教室のそこかしこで繰り広げられる女子同士の“絡み”が目に入るたび、尊さのあまり平静を装うことすら難しくなってしまうのです。


漫画1ページ目 百合男子が入学した高校は、女の子ばかり


漫画2ページ目 女子同士の何気ないボディタッチ

 妹系女子が姉系女子に抱きつき、うれしそうに話しかけている様子を見て、全身を震わせながらも必死に自我を保とうとする主人公。その脳内では「アッやばい 尊みがやばい やばさしかない 語彙力が消えるーーー 尊さの極みーーー…!!!」と頭を抱えてのけぞっています。

 もはや逃れることのできない魅惑的な世界。しかし百合において、男性である彼の存在は地雷と言っても過言ではありません。そこで彼は、「俺が百合を守る風になればいい」と考えます。例えば、女子の日誌当番を代わりに済ませてあげることで、その子が友達と一緒に下校できるようにするとか……ってつまりそれ、ただの地味なパシリですよね……?


漫画3ページ目 汎用性の高そうなコマですね!!


漫画4ページ目 百合における自分のアイデンティティを見いだした主人公

 ちなみに脳内で尊さに悶えているシーンは、櫻井さんがフリー素材化してくださいました。「尊さが極まったらどうぞご利用ください」とのことで、さすがわかっていらっしゃる……!



 なお6月7日には漫画の続編が投稿されました。隣の席では女の子が友達の膝に座り、楽しそうに談笑しているというなんとも薔薇色……いや百合色の状況で、一人奮闘する主人公の様子が実にシュールです。




漫画5ページ目 「俺の百合センサー」ってなんだ


漫画6ページ目 なんとか見たい

 女の子同士のお膝抱っこという、百合男子としては大変美味しいシチュエーション。「ガン見したい」欲を悶々と募らせる主人公をよそに、女の子たちの絡みはエスカレート。互いのお腹の肉をつまんだり、引っ張り合ったりとじゃれ合いを始めます。


漫画7ページ目 スンッ


漫画8ページ目 呼吸すら忘れるほどの尊さ

 あまりの尊さに息をすることさえ忘れていた主人公。「ヤバイこのままだとその内死ぬ」と焦りながらも「【死因:百合】…あれ? それ最高じゃね?」「何の問題もなかった」と悟り始めます。一連の葛藤の様子は百合男子だけでなく、あらゆるジャンルに通じる部分がありますね……。

 なお櫻井さんは「あんず屋」というサークルで活動中。pixivFANBOXにて、活動を支援することができます。


画像提供:櫻井亜矢子(@kyo_anzuya)さん


ひーこ/プレスラボ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」