ニュース
» 2018年06月24日 09時30分 公開

子ども目線でかっこよさ追求 大人の心も奪った「竜騎士ランドセル」誕生の背景

参考にしたのはドラゴンの像でした。

[ねとらぼ]

 「かっけえ」「すごすぎて言葉が出ない」――英国の竜騎士(ドラグーン)をイメージしたというランドセル「モデルロイヤル ドラグーン」が先ごろ登場し、大人からも注目を集めました(関連記事)。

モデルロイヤル ドラグーン モデルロイヤル ドラグーン

 竜騎士のヨロイに身を包んだ男の子がランドセルを背負って華麗に剣を構えた姿を商品ページに大きく配し、CMでは魔法陣の中で男の子がエンブレムを掲げると、ランドセルを背負った竜騎士に変身するという演出。かっこよさあふれる商品コンセプトやプロモーションについて、メーカーのセイバンに聞きました。

 同社によると、ランドセルのモチーフに「竜騎士」を選んだのは、モデルロイヤルの新作をデザインする上で「イメージとして中世ヨーロッパを表現できること」「男の子の心をぐっと引きつける今までにないかっこいいランドセルを作成すること」を実現することを考えた結果。男の子が好きな剣、盾、鎧、ドラゴン、ユニオンジャック……と試行錯誤する中で、「イギリスの竜騎士」というコンセプトに至ったとしています。

モデルロイヤル ドラグーン 公式サイトのキャッチコピー「竜騎士の風格が漂う誇り高きランドセル」もかっこいい

 竜騎士という言葉にアニメやゲームのキャラを連想する人もいそうですが、同社が参考にしたのは、シティ・オブ・ロンドン(ロンドンの金融街)の境界で、盾を抱え込んで勇敢に佇むドラゴン像。ドラゴン像が街を守る姿を、男の子の勇敢さとリンクできればと思ったとしています。

シティ・オブ・ロンドンのドラゴン像 シティ・オブ・ロンドンのドラゴン像(写真:Max Pixel

 騎士やお姫さまのようなコンセプトのデザインは、過去のラインアップにもあったそうですが、今回はあくまでも「剣と盾をモチーフにした騎士モデル」ではなく、「ドラゴン像の持つ勇敢さ」が加わった「竜騎士」がテーマとのこと。

 さらに同社では、CMなどのプロモーションで1つのモデルをフィーチャーするのは4年ぶり。一番の主役である子どもから「かっこいい・かわいいランドセルといえば○○○」と支持されるようCMを製作したと同社は語ります。「お子さまは特にデザイン面が重視ポイントであることから、デザインを特徴的にした、完全に大人を無視したお子さま目線でのCM制作となりました」(セイバン広報担当)

「モデルロイヤル ドラグーン」CM

 子どもに「竜騎士」を伝えるうえで、どのようにすれば“かっこいい”と思ってもらえるか議論を重ね、「竜騎士といえば……」から生まれたイメージがCMに登場する竜騎士の衣装デザインとのこと。「『竜騎士といえば槍でしょ!』のお声は重々承知しております! 某キャラクターに似すぎというのはCM開発当初からもあり、ダークな一面を想起いただかないように、鎧の色を明るくしたりなどいろいろ試行錯誤いたしました……」と苦労を語ってくれました。子ども目線を重視し、最終的にはそういった大人の声はあえて無視した面もあるとのことですが、「結果的には世代の方々には想起されてしまいましたね(笑)」(広報担当)。

 今年の「モデルロイヤル」新作は竜騎士モチーフのブラックの他、お姫様モチーフの赤もあり、いずれもランドセル側面のエンブレムにスマホをかざすことで、騎士やお姫様に変身できるAR(拡張現実)機能も用意されています。ARアプリでの変身は初の試みで、ランドセル選びを親子で楽しむために開始した施策と同社。

 「当社のランドセルは背負っていただくことで、はじめて機能の良さを感じられます。ぜひ店頭で背負って体感してほしいという想いも込められた施策です」(広報担当)。今後はARアプリをもっと使用して楽しんでもらえる施策を展開予定としています。

ARで変身!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」