ニュース
» 2018年06月22日 17時25分 公開

自由すぎるキャラメイク! 尼神インター誠子とアンゴラ村長がヤマンバギャル化、渋谷の街がおののく

20年前の渋谷は怖かった(遠い目)。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 お笑いコンビ・尼神インターの誠子さんが6月21日、お笑いコンビ「にゃんごスター」のアンゴラ村長とともに20年前一世を風靡(ふうび)した“ヤマンバギャル”に変身した姿をInstagramで披露しました。キャラメイク失敗じゃないだと……?

尼神インター 誠子 アンゴラ村長 ヤマンバ ギャル 現代によみがえったヤマンバギャル(画像は尼神インター 誠子InstagramInstagramから)

 20日に放送されたバラエティー番組「1周回って知らない話」(日本テレビ)では、今から20年前の1998年(平成10年)に社会現象となった「ヤマンバギャル」を特集。小麦色を超越した強めの黒肌に白いアイメイクや唇、髪の毛まで白くした自由すぎるキャラメイクにより生み出されたド派手なヤマンバギャルは、ギャルの究極系として当時の若い女性から熱視線が注がれる存在でした。

尼神インター 誠子 アンゴラ村長 ヤマンバ ギャル あぢゃ すさまじいキャラメイク(画像は尼神インター 誠子InstagramInstagramから)

 番組では、当時の流行の最先端が20年後の現在に現れたら、という企画で二人をヤマンバギャル化。当時4歳だったアンゴラ村長と、小学生だった誠子さんのファーストコンタクトはお互いに「誰?」というほどの変ぼうぶりで、街中の視線を独占しながら「取りあえずセンター街をブラブラ」「路上で日焼け」「地べたで食事」「街中でパラパラを踊る」「ゴミは持ち帰る」など当時のヤマンバギャルの行動を再現しました。


 周りの人からは個性を評価する声もあがっていましたが、「人目をひくが昔のようにかわいいと思う人は皆無」という結論に。なお、番組にはファッション誌『Popteen』などで活躍した元祖ヤマンバギャルのあぢゃさんも登場し、当時の面影ゼロの色白美白を披露。番組後にはブログで「昔わジム行くお金もなかったので、センター街を友達背負って走ってた」「茶色の、アイシャドーを、ファンデにしてた」など私たちの知らないヤマンバギャルのディープな話をつづっています。

尼神インター 誠子 アンゴラ村長 ヤマンバ ギャル あぢゃ 元祖ヤマンバギャルあぢゃさん(画像はあぢゃ公式ブログから)
尼神インター 誠子 アンゴラ村長 ヤマンバ ギャル あぢゃ 現在のあぢゃさん(画像はあぢゃ公式ブログから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」