ニュース
» 2018年06月23日 20時00分 公開

どうしてこうなった……! 竹から見事なタケノコが生まれる「竹取物語」パロディ漫画がシュール

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 「竹取物語」をモチーフにボケとツッコミを繰り広げる漫画「テイルズ オブ 竹取り」が、原作をエクストリーム改変してまさかの終わりを迎えます。日本最古の物語になんてことを……。

 昔々、光っている竹を見つけたおじいさんがおりました。「なんか生まれたりして」とシャレで竹を切ってみたら、中から現れたのは女の子……ではなく、なんとタケノコ。おじいさんはタケノコを大切に持って帰り、おばあさんに「この子を育てよう」と提案しますが、おばあさんは病院に電話して「おじいちゃんがボケちゃって……」と相談するのでした。その気持ちはよく分かる。

透明いんげん 竹取物語 光る竹から出てきたのは……

 やがて育てたタケノコは竹でもなく姫でもなく「立派なタケノコ」に成長しました。なぜ竹にならない。そしてどこかに帰ることになったタケノコは「お爺さん、お婆さん今までありがt……」とお礼を言うのですが、むしろタケノコがしゃべったことに驚くおじいさんたち。お礼の言葉も半端に終わってしまいます。

 別れを惜しむ3人(?)のもとに、天女がお迎えに。「さぁ……行きましょう……おじいさん」――え、そっちなの? 天女が迎えに来たのはタケノコではなくおじいさんだったのでした。しかも来世的な意味で……。まさかの展開におじいさんとおばあさんが戸惑うのをよそに、タケノコは「帰ろっと」と、どこかへ終電で帰っていったのでした。めでたしめでたし(?)。

透明いんげん 竹取物語 いろいろツッコミ入れたい

 作者は主にTwitterでイラストやまんがを投稿している透明いんげん(@invisible_bean)さん。先日「ヘンゼルとグレーテル」をモチーフにした「シンプルとフレキシブル」を紹介しました(関連記事)。

 ゆるふわ系の絵柄から繰り広げられるシュールでエクストリームな「テイルズ オブ 竹取り」はpixivで「エクストリームおとぎ話」シリーズとして投稿されています。

画像提供:透明いんげん(@invisible_bean)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」