ニュース
» 2018年07月14日 11時00分 公開

「プラモにしたいんで図面ください」ホンダ「ありません」 異色の『美少女×耕運機』プラモデル誕生の秘密(前編)(4/4 ページ)

[しげるねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

――この車体の上側のは燃料タンクですよね。


車体の上の丸い部分が燃料タンクのフタ。しかし、その下の膨らんでいる部分はタンクではないのだ

高久:これ、燃料タンクもすごい。ここが直接タンクになってるわけじゃなくて、中のパイプでつながった奥まった位置にタンクがあるんですよ。だから、この背面の板ってタンクが露出してるわけじゃなくて、ツライチ(段差がなくフラットなこと)にするための化粧板なんです。「背中側の出っ張りが車体の前後でつながってるとかっこいいよね」っていうだけの理由でこうなってる。超かっこいい!

――別にここ真っ平らでもよかったんですよね?

中島:機能的にはこの出っ張りは必要ないですね。タンクカバーっていう部品は二輪でもあるんですけど、それだって重心を下に持っていきたいからタンクを下に移して、上に何にもないとライダーが車体をホールドできないから、そのためについているという機能がちゃんとあるんです。F90のタンクカバーには本当になんの機能もない(笑)。おそらくこだわりがあったんでしょうねえ。

高久:外からタンクっぽく見える部分って、全部カウリングなんですよねこれ。ドンガラ(中身のない外装だけ)です、全部。

――ひょっとしてこれ、車体上部の外装は全部無意味なんですか……?

中島:意味があるとすれば、エンジンに直接触らないようにしようという、それだけですね。火傷防止のカバー。

高久:でも、それだったらF60みたいに四角いカバーにすればいいんですよね。

中島:この車体の上部パーツはいくつかに分割されてますけど、コストを考えたら普通ありえないですね。

 この頃、ホンダは四輪の開発に着手しています。よって二輪や汎用は結構独自な開発をしているんです。当時のことを考えると、F90のデザインについても、独自の開発として認められたんではないかと推察できます

――やりたい放題の結果という可能性が高いんですね。

中島:F60のころって、(本田)宗一郎さんがバリバリに見てるから、「こんな無駄なことに金をかけさせるな!」「コストかけてお客さんに負担をさせるな!」ってすごくいわれてたはずなんです。ヘッドライトにしたって、丸目の物は生産性が悪いから、四角いライトが1つついてればいいんですよ。だから同じ時期の宗一郎さんの仕事だったら、ライトは全部四角いはず。

高久:四輪車に進出する前で、バイクもレースに出るの出ないのという時期のホンダがこんなにかっこいいものを作っていたというのはちょっと訳が分からないですよね。

中島:あとデザイナーのこだわりを感じる点というと、車体に白が入っているタイミングとかなんですよね。F60とかを見ると分かるんですけど、大体全体が赤じゃないですか。でもシルバーの部分とかも、ちゃんとエンジンから連続した位置に入ってるんですよね。



高久:ホンダのマシンって赤と銀というイメージですけど、この時代にもうそういう感覚ってあったんでしょうか?

中島:赤色へのこだわりは、これまでの耕運機のイメージを覆し、農作業のイメージを一新したいというホンダの考えだったようです。理由としては、真っ平らな畑の中で一番汚れが目立たなくて車体が目立つのは赤であると。しかも濃い赤ではなくて、ちょっと朱色っぽい赤。緑の中に置いても、茶色の中でも目立つのがこの朱色だということなんですね。

 宗一郎さんに「目立たねえからこんな色じゃダメだよ!」といわれて目立つ色を探して、白を持っていっても「汚れが目立つだろ」とか、緑だと「見えねえだろ」とか、青でも「くすんで見えねえだろ」とか、いろいろやった結果赤になったんじゃないかと。

――確かに外で見ると際立って目立ちますね……。

高久:この赤とかクリーム色の部分の色合いは、キットでもこだわりましたね。色見本を持って(ホンダコレクションホールのある)茂木に来るだけの日とかありましたから。赤だけはどうしても色が定まらなくて、ホンダの歴史チームにも聞いたんですけど、当時の塗料の配合はもう分からない。

 成分分析すれば分かるんだろうけど、青みが強い時期とか朱色みの強い時期とかいろいろあるし、コレクションホールに置いてある個体もある程度退色してるんですよ。あまりに決まらないので、最後は手元のボールペンを分解して、「こういうベターっとした赤です!」とボールペンの部品を中国の工場に送りました(笑)。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」