ニュース
» 2018年07月06日 11時55分 公開

「トランスフォーマーもどきはやめて」「監督と方針次第」 「機動戦士ガンダム」シリーズがハリウッドで実写化、ネット上は期待と不安の声であふれる

「PACIFIC RIM」シリーズや「GODZILLA」などで知られるLEGENDARYと共同開発。

[のとほのか,ねとらぼ]

 アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズが、ハリウッドで実写化されることが米ロサンゼルスで開催中のイベント「Anime Expo 2018」(7月5日〜8日)で発表されました。

機動戦士ガンダム ハリウッド ガンダム 実写化 サンライズ レジェンダリー ハリウッドで実写化!


 来年で40周年を迎える「機動戦士ガンダム」は、1979年にアニメ放送が開始されて以降もさまざまなシリーズを展開し、幅広い世代から支持を集めるロボットアニメ。日本のみならず海外でも人気が高く、2000年には実写を取り入れた日米合作ドラマ「G-SAVIOUR」が放送され、今年はスティーブン・スピルバーグ監督の映画「レディ・プレイヤー1」にも登場し、注目を集めました。

機動戦士ガンダム ハリウッド実写化 実写化 サンライズ レジェンダリー 来年で40周年(画像はAmazonから)

 現地時間7日に行われたサンライズパネル内で、同シリーズを制作するサンライズと「PACIFIC RIM」シリーズや「GODZILLA」などを手掛けたLEGENDARYが実写化を共同開発する契約を締結。発表の模様はYouTubeで公開されています。詳細は決まり次第随時発表。

Sunrise_Panel_Gundam_Short_2018AX

 この発表にネット上では、「どのような作品になるか色んな意味で楽しみ」「LEGENDARYはゴジラ、キングコング、パシリム等で信用できるし、サンライズも協力するならまぁ大丈夫な気がするぞ、後は監督と方針次第」と期待する声が寄せられる一方、「パシリムアップライジングやトランスフォーマーもどきはやめてくれよ!」「映像はCGでどうにかなるやろけど、問題はあの多国籍な人間模様をどう描くか」など不安の声もあがっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン