ニュース
» 2018年07月10日 11時55分 公開

ヤマグチノボルの“いらん子中隊”シリーズがフルリメークで再始動! 10月に新刊

スオムス義勇独立飛行中隊飛行再開!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 2013年に亡くなった作家のヤマグチノボルさんの小説「いらん子中隊シリーズ」がフルリメークで再始動することが発表されました。10月1日に『サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT!』(角川スニーカー文庫)が刊行されます。やったぁぁぁ!

いらん子 ヤマグチノボル 新刊 ストライクウィッチーズ 再始動 築地俊彦 穴拭智子ら“いらん子”中隊が帰ってきたぁぁぁ!

 同作は、島田フミカネさん原作『ストライクウィッチーズ』のサイドストーリーに当たるシリーズ。扶桑海事変で活躍し、「扶桑海の巴御前」の異名で英雄となった穴拭智子少尉が、辺境の国スオムスに左遷され、各国のはみ出し者である“やる気”なし、“能力”なし、“根性”なしな「いらん子」たちと奮闘する物語です。2006年に角川スニーカー文庫から発売された『ストライクウィッチーズ スオムスいらん子中隊がんばる』をはじめ、2008年までに3巻が刊行されましたが、2013年にヤマグチさんが急逝したことで続巻未刊となっていました。

いらん子 ヤマグチノボル 新刊 ストライクウィッチーズ 再始動 築地俊彦 装画は島田さん、挿画は月並甲介さんが担当

 「ストライクウィッチーズ」のテレビアニメ放送から10年、ヤマグチさんの永逝から5年がたった2018年にフルリメイクされる同作では、ヤマグチさんと交流の深かった築地俊彦さんが小説を手掛けることが発表されています。

「サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT!」PV

 過去、ヤマグチさんが生前に遺していたプロットを基に小説『ゼロの使い魔』は完結しました(関連記事)。「いらん子中隊シリーズ」についてもヤマグチさんは「僕としては次巻で智子を鍾馗の中島系正統進化であるところの傑作四式戦疾風に乗せたい」などTwitterで構想を明かしていましたが、築地さんのコメントによると、同作のプロットは遺されていなかったそうで、「『いらん子中隊リブート』として、彼の作品をベースに一巻からはじめます」としています。


 10月発売の『サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT!』は670円(税込)。合せてドラマCDとラバーストラップが付属する特装版も同時発売されこちらは3672円(税込)。ドラマCDのキャストには穴拭智子役の下地紫野さんをはじめ、花守ゆみりさん(迫水ハルカ役)、行成とあさん(エリザベス・F・ビューリング役)、井坂瞳さん(キャサリン・オヘア役)、野川さくらさん(ウルスラ・ハルトマン)が名を連ね、YouTubeではリブートの祝砲といえるPVが公開されています。

いらん子 ヤマグチノボル 新刊 ストライクウィッチーズ 再始動 築地俊彦 ドラマCDなどが付く特装版も発売

築地俊彦さんコメント

 このたびアニメストライクウィッチーズ十周年企画の一環として、いらん子中隊シリーズをリブートすることになりました。その執筆を担当いたします。

 ヤマグチノボル君との縁は浅くないと思っています。生前の彼と最後にいらん子中隊の話題を交したのは私です。といってもなにか別の話のついでで、他愛もないものでした。いくつか言葉を交したあと、すぐ他のことに移ったくらいです。なのでこのことは、ずっと忘れていました。

 2016年に「ブレイブウィッチーズ」ノベライズの仕事が来たときに、まず思い出したのがこのことです。ヤマグチ君との会話を他に話したことはありませんから、編集部としても狙ったわけではないでしょう。それに私はウィッチーズシリーズに関して素人同然の身であり、執筆依頼は降って湧いたできごとです。それでもどこか不思議な縁を感じました。

 ヤマグチ君はいらん子中隊のプロットを遺してはいませんでした。どのような構想を元に書かれていたのかを知るすべはありません。そのため本作品は「いらん子中隊リブート」として、彼の作品をベースに一巻からはじめます。今ある彼のストーリーに自分の文がどのように組み合うか、今からどきどきしています。

 新しくなったいらん子中隊シリーズ、どうぞ最後までお付き合いください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  2. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  3. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  4. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  5. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news090.jpg 古坂大魔王「暇過ぎて家をアミューズメント化」 遊具いっぱいの自宅に「子供の楽園だ!」「遊びに行っていいですか?!」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」