ニュース
» 2018年07月10日 22時00分 公開

強烈な猫パンチで「ガシャーン!」「あ゛あ゛ー!!」 飛び立ったばかりのドローンを撃墜させるニャンコ

ねこ強い(色んな意味で)。

[k村,ねとらぼ]

 目の前で動くものに反応し夢中になってしまうのは猫の本能ですが、「今回ばかりはソッとしておいてくれ……!」とお願いしたくなる出来事が発生しました。



 漫画家のテンコさん(@H_Tenko)がTwitterに投稿したのは、飛び立ったばかりのドローンが素早いネコパンチで撃墜される瞬間。ご友人からもらったドローンを動かそうと、飛行テストを開始したときのことでした。


ALT テスト飛行で順調な滑り出しのドローン

 ゆっくりと離陸していき、揺れも少なく安定しているドローン。ところが、ある黒い影が近づいてきます。ドローンの動きをじっと見つめて観察しているような後ろ姿。この三角のお耳にモフモフした毛並みは……にゃんこだ……! まずい、ドローンくん逃げてえええ!


ALT おや? この影は……

 次の瞬間、目にも止まらぬ速さで繰り出されたのは、必殺の猫パンチ! 非情にも、懸命に飛んでいたドローンくんは一発であっさりと撃墜されてしまうのでした。「ガシャン!」という音とともに、床にかなりの勢いでたたきつけられるドローンくん。ああ、ネコパンチの鋭さよ。ドローンくんの無事が心配になってしまいます。


ALT ニャー! キレのあるねこパンチがさくれつ

ALT 床にたたき付けられるドローン 大丈夫かな?

 テンコさんのその後の投稿によると、ネコパンチされた後もドローンはちゃんと動いているとのこと。しかし、離陸するたびに動画のような全力ネコパンチによって撃墜されるため、まだまともに飛べたことがないんだそうです。ドローンくんが思い切り飛べる日はくるのか……。頑張れ負けるな、ドローンくん!

 こんなイタズラをしても、その自由奔放なかわいさで許されてしまうのが猫のすごいところ。やっぱり猫にはかなわないなぁと思わせられる出来事でした。

 テンコさんのTwitterでは、ほかにもかわいい猫ちゃんの写真や、大学生の男性の周りで起こるさまざまなことを描いた漫画「北海道は今日も平和です」が連載されています。







画像提供:@H_Tenkoさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた