ニュース
» 2018年07月10日 14時14分 公開

「ドラゴンボール」最新映画の敵はブロリー! 本編登場に沸くファン、鳥山明「より魅力的なブロリーに」

悟空たちとは初対面になるのかな。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 劇場版「ドラゴンボール」20作目の正式タイトルが、「ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー」(12月14日公開)に決定。敵としてブロリーの名前がアナウンスされ、国内外を問わず人気を集める伝説の超サイヤ人の登場に、ネットでは大きな盛り上がりを見せています。

ドラゴンボール ドラゴンボール超 ブロリー ヤモシ 孫悟空 ベジータ ピッコロ 劇場版 映画 パラガス 悟空とベジータ以外に描かれた人物。どちらもブロリーなのだろうか
ドラゴンボール ドラゴンボール超 ブロリー ヤモシ 孫悟空 ベジータ ピッコロ 劇場版 映画 パラガス タイトルロゴ

 過去、劇場版には「燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」(1993年3月)、「危険なふたり!超戦士はねむれない」(1994年3月)、「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」(1994年7月)と3度登場し(バイオブロリー含む)、圧倒的な力で孫悟空たちZ戦士を追い詰めてきたブロリー。

 これまではあくまでも劇場版だけの存在で、本筋とは関わりのないキャラクターとして描かれてきましたが、今回の内容はテレビアニメのアフターストーリー。つまり、ブロリーが初めて本編に登場することとなります。超サイヤ人ブルーになったベジータには、過去の汚名を思いっきり返上してもらいたいところ。

 3月21日に公開された特報映像では、悟空と対峙する何者かの姿が公開。サイヤ人であることやそのビジュアルから、歴史上初めて超サイヤ人に覚醒したサイヤ人・ヤモシではないかとの声があがっていました。今回の発表で、敵がブロリーであることが明らかとなりましたが、サイヤ人のバックボーンに迫った作品との情報もあることから、サイヤ人の歴史が語られる中で、ヤモシが登場することになるのかもしれません。


 原作・脚本・キャラクターデザインを手掛けた鳥山さんによると、ブロリーの登場は担当からの提案がきっかけとのこと。過去の劇場版を見て、「アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそう」だと感じ、「ドラゴンボール超」に組み込む形でストーリーを考えたといいます。ファンにとっては印象深いキャラクターですが、鳥山さん自身は記憶があいまいなようで「デザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメにはほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました」との告白も。他にもファンが喜ぶ仕掛けを多数用意しているようなので、「ドラゴンボールZ」以来だという人も、昔を思い出しながら楽しめる映画となりそうです。

鳥山明さんのコメント

みなさん、ブロリーって知っていますか?
昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人で
デザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメには
ほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました。

そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、
そんなことから「今度の映画はブロリーにしませんか?」と担当さんから提案されました。

当時の映画を観させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、
さっそく『ドラゴンボール超』のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、
新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。

もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、
悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、
そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、
とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています。

あの最強のサイヤ人、ブロリー登場!
他にもまだまだファンの皆さんが喜ぶ内容をいっぱい盛り込んでいますので
期待して、完成までもうしばらく待っててちょ!!



ドラゴンボール ドラゴンボール超 ブロリー ヤモシ 孫悟空 ベジータ ピッコロ 劇場版 映画 パラガス 7月20日には第1弾の特典付き前売り券が発売されます

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  4. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  5. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  8. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  9. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する