ニュース
» 2018年07月10日 14時14分 公開

「ドラゴンボール」最新映画の敵はブロリー! 本編登場に沸くファン、鳥山明「より魅力的なブロリーに」

悟空たちとは初対面になるのかな。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 劇場版「ドラゴンボール」20作目の正式タイトルが、「ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー」(12月14日公開)に決定。敵としてブロリーの名前がアナウンスされ、国内外を問わず人気を集める伝説の超サイヤ人の登場に、ネットでは大きな盛り上がりを見せています。

ドラゴンボール ドラゴンボール超 ブロリー ヤモシ 孫悟空 ベジータ ピッコロ 劇場版 映画 パラガス 悟空とベジータ以外に描かれた人物。どちらもブロリーなのだろうか
ドラゴンボール ドラゴンボール超 ブロリー ヤモシ 孫悟空 ベジータ ピッコロ 劇場版 映画 パラガス タイトルロゴ

 過去、劇場版には「燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」(1993年3月)、「危険なふたり!超戦士はねむれない」(1994年3月)、「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」(1994年7月)と3度登場し(バイオブロリー含む)、圧倒的な力で孫悟空たちZ戦士を追い詰めてきたブロリー。

 これまではあくまでも劇場版だけの存在で、本筋とは関わりのないキャラクターとして描かれてきましたが、今回の内容はテレビアニメのアフターストーリー。つまり、ブロリーが初めて本編に登場することとなります。超サイヤ人ブルーになったベジータには、過去の汚名を思いっきり返上してもらいたいところ。

 3月21日に公開された特報映像では、悟空と対峙する何者かの姿が公開。サイヤ人であることやそのビジュアルから、歴史上初めて超サイヤ人に覚醒したサイヤ人・ヤモシではないかとの声があがっていました。今回の発表で、敵がブロリーであることが明らかとなりましたが、サイヤ人のバックボーンに迫った作品との情報もあることから、サイヤ人の歴史が語られる中で、ヤモシが登場することになるのかもしれません。


 原作・脚本・キャラクターデザインを手掛けた鳥山さんによると、ブロリーの登場は担当からの提案がきっかけとのこと。過去の劇場版を見て、「アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそう」だと感じ、「ドラゴンボール超」に組み込む形でストーリーを考えたといいます。ファンにとっては印象深いキャラクターですが、鳥山さん自身は記憶があいまいなようで「デザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメにはほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました」との告白も。他にもファンが喜ぶ仕掛けを多数用意しているようなので、「ドラゴンボールZ」以来だという人も、昔を思い出しながら楽しめる映画となりそうです。

鳥山明さんのコメント

みなさん、ブロリーって知っていますか?
昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人で
デザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメには
ほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました。

そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、
そんなことから「今度の映画はブロリーにしませんか?」と担当さんから提案されました。

当時の映画を観させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、
さっそく『ドラゴンボール超』のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、
新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。

もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、
悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、
そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、
とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています。

あの最強のサイヤ人、ブロリー登場!
他にもまだまだファンの皆さんが喜ぶ内容をいっぱい盛り込んでいますので
期待して、完成までもうしばらく待っててちょ!!



ドラゴンボール ドラゴンボール超 ブロリー ヤモシ 孫悟空 ベジータ ピッコロ 劇場版 映画 パラガス 7月20日には第1弾の特典付き前売り券が発売されます

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」