ニュース
» 2018年07月16日 14時00分 公開

「万引き家族」是枝裕和監督の最新作、日仏合作で2019年公開へ 主演にフランスの至宝カトリーヌ・ドヌーヴ

フランスの往年の大女優が見せる家族の葛藤の物語。ねえ、ママ。教えて。人生って楽しい?

[西尾泰三,ねとらぼ]

 映画「万引き家族」でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の最新作が、日仏合作で製作されることが発表されました。タイトルは、仏語で「真実」という意味の「La Verite(仮)」(邦題未定)で、公開は2019年の予定です。

是枝裕和 La Verite 最新作 日仏合作 2019年 万引き家族 カトリーヌ・ドヌーヴ 仏語で「真実」という意味のタイトルが冠された是枝裕和監督の最新作

 5月に開催された第71回カンヌ国際映画祭では、“インビジブルピープル(社会から忘れ去れられた見えない存在)”を描いた「万引き家族」で最高賞に当たるパルムドールを受賞した是枝監督。日本映画のパルムドール受賞は、1997年公開の今村昌平監督作「うなぎ」以来21年ぶりで、公開中の同作は、興行収入37億円を突破しました。

 次作に注目が集まる中発表された長編15作目は、日本を飛び出し、フランスで撮影を予定。仏語で「真実」という意味のタイトルが冠された同作は、主演がフランスの至宝カトリーヌ・ドヌーヴ。カトリーヌ演じるフランスの往年の大女優が自伝を出版したのを機に、アメリカに行っていた元女優志望の脚本家である娘が帰省し、長年に渡って隔てられてしまった二人の関係が浮き彫りになるという家族の葛藤の物語のようです。

是枝裕和 La Verite 最新作 日仏合作 2019年 万引き家族 カトリーヌ・ドヌーヴ フランスのマルヌをロケハン中の是枝監督

 主演のカトリーヌは、今作の出演について「まさか私たちが一緒に映画を作れる日が来るなんて想像もしていませんでした」と驚嘆。「魅力に溢れ、ユーモアと同時に残酷さを備えた素晴らしい脚本」と是枝監督の脚本を絶賛しており、「言語の壁については、恐れるよりも私はむしろ好奇心をそそられます。それがもう一つの挑戦になるだろうと知りつつも、是枝監督と一緒に仕事をするのがたいへん楽しみです」と意欲を見せています。

 また是枝監督は、「役者本人の存在と感情はどこにあるのだろう。そんな素朴な疑問から書き始めた」と今作の脚本について明かしており、かつて劇場の楽屋だけを舞台にした一幕ものの芝居のために書いたものの、当時は完成しなかった脚本を縁あってフランスを舞台に書き直したものだと説明。「本物の『役者たち』に正面から向き合ってみたい」とコメントしています。

 この他共演者には、「イングリッシュ・ペイシェント」でアカデミー賞助演女優賞を受賞したジュリエット・ビノシュの他、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエの名が挙がっています。

カトリーヌ・ドヌーヴコメント

 ここ数年、是枝監督の映画を観て、そしてパリ、カンヌ、東京でもお会いする機会がありました。賞賛の気持ちをお伝えすることはできたのですが、まさか私たちが一緒に映画を作れる日が来るなんて想像もしていませんでした。一緒に映画を作れる……それもフランスを舞台に! 魅力に溢れ、ユーモアと同時に残酷さを備えた素晴らしい脚本です。言語の壁については、恐れるよりも私はむしろ好奇心をそそられます。それがもう一つの挑戦になるだろうと知りつつも、是枝監督と一緒に仕事をするのがたいへん楽しみです。

是枝裕和監督コメント

 役者とはいったいどんな存在なのだろう。役を生きている時、演技で泣いている時、笑っている時、役者本人の存在と感情はどこにあるのだろう。そんな素朴な疑問から書き始めた脚本でした。

 今から15年程前に、『クローク』というタイトルで劇場の楽屋だけを舞台にした一幕もののお芝居を書き始めたのがスタートでした。しかし、この時は残念ながら力不足で脚本は完成しませんでした。2011年に、以前から親交のあったジュリエット・ビノシュさんが来日し、対談させていただいた折に、「何か将来的に一緒に映画を」と意気投合しました。企画のキャッチボールをしていくプロセスで、引き出しの奥に眠らせておいたこの企画が再浮上し、フランスを舞台に書き直してみることにしました。その時にこの物語を、女優の母と女優にならなかった娘の話にしてみようというアイデアが生まれました。

 カトリーヌ・ドヌーヴさんは、自作のフランス公開時にお会いしたことがありました。自分にとっては、フランス映画のアイコンのような存在ですが、せっかくフランスで撮影するのなら、と思い切ってオファーをさせて頂きました。映画について、演じることについて、ドヌーヴさん本人にヒアリングを重ねながら、今脚本を執筆中です。

 今回は言語や文化の違いを乗り越えて監督するという、刺激的なチャレンジになりますが、本物の「役者たち」に正面から向き合ってみたいと思っています。

是枝裕和 La Verite 最新作 日仏合作 2019年 万引き家族 カトリーヌ・ドヌーヴ (C)2018『万引き家族』 製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」