ニュース
» 2018年07月23日 18時26分 公開

Production I.G、インディーズアニメのアワード開催へ 石川光久「全面的にバックアップします」

アニメの世界でも新たな才能見つける動き。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 アニメスタジオのProduction I.Gは7月23日、インディーズアニメコンテスト「第1回プロダクション I.G インディーズアニメ アワード」の開催を発表、同日から作品の応募受付を開始しました。

Production I.G インディーズアニメ アワード アニメビーンズ アイジーアワード Production I.Gがインディーズアニメアワード開催

 同アワードは、スマートフォンでの視聴などアニメを取り巻く環境が変化する中、新人クリエイターの発掘・育成を目的としたもの。応募作品は同社のアニメ配信アプリ「アニメビーンズ」に新設される「インディーズ枠」で配信され、ユーザーからの評価も踏まえて受賞者を決定するとのことです。インディーズアニメの配信は同社史上初となります。

 賞金総額は100万円で、入賞者は同社スタジオ見学や同アワードの審査員である創業者の石川光久さんや後藤隆幸さんとの座談会へ参加できる他、入賞作品は「アニメビーンズ」公式作品となり、製作費の負担や作品収益の分配、有名声優起用のセッティングなどの支援が受けられます。

Production I.G インディーズアニメ アワード アニメビーンズ アイジーアワードProduction I.G インディーズアニメ アワード アニメビーンズ アイジーアワード 審査員にはProduction I.Gの石川光久さんや後藤隆幸さんも

 作品尺は60秒〜15分で、ジャンルやテーマに制限はなく、既存作品(卒業制作や他サイトで配信済みを含む)の応募も可能。応募期間は9月30日までで、結果は10月中旬に発表予定です。

 告知動画の中で同社代表取締役社長の石川さんは、「ムチャぶりすることで人は育つ」と独自の理論を笑顔で語りながら、デジタルの時代で視聴環境も製作環境も大きく変わってきた中、若い感覚でさまざまな手法で作られたアニメが集まることを期待し、これぞという作品には「(Production)IG全面的にバックアップします」とエールを贈っています。

動画が取得できませんでした
インディーズアニメアワードを告知する石川氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」