ニュース
» 2018年07月29日 11時00分 公開

EVO2015の歴史的珍事「早すぎたガッツポーズ」の裏側にあったもの “勝負を分けたカウンターヒット”を生んだ「0.1秒の駆け引き」(3/3 ページ)

[ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

 ヲシゲはゲージ管理を始めとした完璧な状況判断と、的確なコンボ選択で最終セットの2ラウンド目を勝利。会場は湧き、完璧なプレイを誇るかのようにヲシゲは席を立ってしまった。一方、歓喜するヲシゲとは対象的に、小川は極めて冷静に「ヲシゲは急いで席に戻るはずだ」と考えていたという。


画像 単発のヒット確認から覚醒必殺技を2回連続でヒットさせるコンボ。この状況で相手を確実に倒し切ることができる唯一のコンボだった(画像はYouTubeより)

画像 ヲシゲが席を立った瞬間も、小川は冷静に画面を見つめていた

 そして、「この状況でコントローラーに触れたら、ヲシゲはどんな行動を取るのか」を予想。短い時間の中で最も可能性が高いと判断したのは、“レバーを後ろに入れた状態で「HS」(※)のボタンを押すこと”だった。

【HS】読み方は「ハイスラッシュ」。ボタンを押すだけで出せる通常技の1つ。ストリートファイターシリーズでいう「強パンチ」のようなもの。


 ヲシゲが操作するのは、トップクラスのスピードと強力な起き攻め(※)を特徴とする「ミリア=レイジ」というキャラクター。ミリアのHSは、外したときのスキは大きいが発生が非常に早く、仮にヒットしていればそこから起き攻めに移行でき、レバーを後ろに入れておけば近づいてきた相手を通常投げ(※)で投げられる可能性もある。「暴れ」(※)としてHSがヒットしても、投げを当てても、そこからミリアの勝ちパターンへ移行できる。


画像 「ミリア=レイジ」(画像はGUILTY GEAR Xrd -SIGN-公式サイトより)

画像 ミリアのHS(画像は続編に当たる「GUILTY GEAR Xrd REV 2」のものだが、モーションはEVO2015時点とほぼ同じ)

【起き攻め】ダウンした相手が起き上がるときに攻め込む行動の総称。ミリアの起き攻めは非常に見切りづらい上に、起き攻めが成功するとそのまま再度ダウンを奪い、次の起き攻めに移行できる。


【通常投げ】全てのキャラクターが使用できる投げ技のこと。ギルティギアシリーズでは、相手に近づいて左右どちらかにレバーを入れた状態でHSボタンを押すと通常投げが成立する。


【暴れ】攻めてくる相手に対し、ガードを固めるのではなくあえて技を出すことで相手の攻めを止めようとすること。


 もちろん、ヲシゲがこの通りに考えているという確証はない。しかし、当然迷っている時間もない。小川はザトーを棒立ちしているミリアの眼の前に移動させ、自らの判断を信じてカウンターヒットしたときに大ダメージを奪うことができる技「しゃがみHS」を打った。


画像 カウンターヒットする直前の様子。小川はしゃがみHSを打っており、ヲシゲはHSのモーションに入ったばかり(画像はYouTubeより)

 レバーを後ろに入力すれば問題なくガードできるタイミングだったが、ヲシゲはHSを押してしまっていた。お互いの技が交差するが、ボタンを押したタイミングはわずかに小川の方が早く、ザトーの技がカウンターヒット。そして小川は画面上のカウンターヒット表記を冷静に確認し、カウンター時限定の大ダメージコンボをミスなく決め、そのままの勢いで勝利した。勝敗が決した後、今度は小川が観客に向かって勝利をアピールすることとなった。


画像 KOの瞬間(画像はYouTubeより)

画像 観客に向かってアピールする小川(画像はYouTubeより)

 小川によると、「仮にしゃがみHSがカウンターヒットしていなかったら、よくて3〜4割のダメージ。いずれにせよ状況は有利になるが大ダメージコンボにはならない」という。もし、あのタイミングでヲシゲがHSを押していなかったら、最終ラウンドの存在に気付くタイミングがほんの少しずれていたら、ザトーの踏み込みがもう少し深ければ、小川がカウンターヒットを見逃していたら――あの状況でカウンターヒットを成立させられる猶予は0.1秒ほど。ほんの少しでも状況がずれていれば、あの事件は起こらなかった可能性が高い

 格闘ゲームは、1フレーム――つまり60分の1秒の差が勝敗を分かつ競技だ。ヲシゲが席を立ったことは紛れもないミスだが、その時点で勝敗が決まったとは言い切れない。その直後の展開にもフレーム単位の駆け引きが繰り広げられていたのだ。


画像 その後、順当に勝ち進んだ小川はそのまま優勝。EVO2015の王者となった(画像はYouTubeより)

 EVO2018は8月3日から3日間開催される。きっと今年も多くの名勝負が見られるはずだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」