ニュース
» 2018年08月02日 11時00分 公開

「ハングオン」や「スペースハリアー」の筐体がピョコッ セガの体感ゲームが「飛び出す絵本」に

クラウドファンディングの成功により出版決定。「アウトラン」「サンダーブレード」「アフターバーナー」も収録されます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バイク型筐体にまたがって操作する「ハングオン」や、操作と連動して座席が動く「スペースハリアー」など、1980年代のゲームセンターを彩った、セガの体感ゲーム。これらの筐体を「飛び出す絵本」として再現した「SEGA Arcade: Pop-Up History」が、クラウドファンディングサイトのKickstarterで人気です。入手に必要な支援額は35ポンド(約5200円)から。


ハングオン

ハングオン

スペースハリアー

スペースハリアー 本を開くと、あのダイナミックな筐体がポップアップ

 収録作品は「ハングオン」「スペースハリアー」「アウトラン」「サンダーブレード」「アフターバーナー」。企画制作の英Read-Only Memoryは、かつてメガドライブのドキュメンタリー書籍(関連記事)を出版しており、今回もセガの協力を受けて、アートワークやポスターなども収録しています。当時ディレクションを手がけた鈴木裕さんのインタビューも掲載予定で、資料本としても重要な1冊。支援者には、表紙にエンボスや箔押し加工が施された限定仕様で提供されます。


限定版 装丁が豪華なKickstarter限定版

 クラウドファンディングは目標額の4万ポンド(約588万円)を達成し、出版が決定。発送は2019年4月を予定しています。なお、支援額が5万ポンドに達した場合は、「パワードリフト」も収録されるとのことです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」