ニュース
» 2018年08月10日 14時10分 公開

実写ドラマ「この世界の片隅に」巡る書き込みで釈明 「食わず嫌いせず見ておくれ、と言いたかった」

とりあえず皮肉ではなかったもよう。

[深戸進路,ねとらぼ]

 TBS系で放送中の実写ドラマ「この世界の片隅に」。同作の原作者である漫画家のこうの史代さんと思われる人物が、同ドラマについて「『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近いんじゃないかな!?」などとファンページの掲示板で触れた書き込みが大きな話題になりました(関連記事)。

 これを受けて8月9日、再びファンページの掲示板が更新。「なんか騒ぎになっているらしいので、消火活動に来ました…」とネタを存分に仕込んだ釈明コメントが投稿されました。

この世界の片隅に こうの史代 原作 漫画 実写版 ドラマ 掲示板 ファンページ 実写ドラマ版「この世界の片隅に」(画像はドラマ「この世界の片隅に」公式サイトから)

 視聴者からの評判はおおむね好調ながら、原作にはない現代パートが含まれている点など一部の描写については賛否を呼んでいる同作。8月5日には、ファンページの掲示板に“こうの史代”名義で1件の投稿があり、「脚本を見せて貰ってチェックしているのですが、直してもらえるとは限らないみたいです」と実写版との関わり方について触れた部分や、「『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近い」と原作漫画の設定が大幅に変更されているロボットアニメ「六神合体ゴッドマーズ」(1981年)を引き合いにだした部分が、SNS上で“実写版への皮肉”という文脈で拡散される事態となっていました。

この世界の片隅に こうの史代 原作 漫画 実写版 ドラマ 掲示板 ファンページ 六神合体ゴッドマーズ 引き合いに出されたロボットアニメ「六神合体ゴッドマーズ」(画像はAmazon.co.jpから)

 なお、ゴッドマーズは原作とは違った魅力にあふれた作品で、熱狂的なファンも多いことから、書き込みをポジティブな意味合いでに捉えた意見が多く見られたのも事実。こうした反響を受け、9日の投稿では「映像化が、新しい解釈を足して『別物』になるのはむしろ心強いし有難いです」と実写版に対する肯定的な姿勢が示されており、今回の一件でTwitterでトレンド入りする珍事態にまで発展したゴッドマーズについても「みんな、『六神合体ゴッドマーズ』に食いつきすぎ!!!」とひとツッコミ入れられていました。

 続けて、「原作から変わるのが不安だという人がいるわけで、そのために、そこまで違っているわけではないので、食わず嫌いせず見ておくれ、と言いたかったのですが…」とあらためて前回の書き込みについて釈明。……と、ここまでは実に真面目でしたが、以降はサービス精神(?)にあふれた内容となっていました。

この世界の片隅に こうの史代 原作 漫画 実写版 ドラマ 掲示板 ファンページ 六神合体ゴッドマーズ トレンド ゴッドマーズよりも原作に遠い選手権 「#ゴッドマーズよりも原作に遠い選手権」なる謎の選手権がトレンド入りする事態に(画像はTwitterから)

 一通りの釈明を終えた後には、「そもそもドラマをけなすつもりなら、ここで例えるのは普通に考えて『ゴッドマーズ』じゃなくて旧『○―○○』……あわわわ、あやうく新たな火種を投下するところだった…!」と伏せ字がありがたすぎるコメントでエンジンを吹かすと、「ところで。ここまで騒ぐんなら、みんな原作買って読んでくれるんだろうね!? 来週日曜21:00から、ちゃんとドラマ見てくれるんだろうね!!??」と火の玉ストレートを放り、「見んかったら、ロプロスに食わすぞ!! ポセイドンに踏ますぞ!!! あっ、作品間違えた す み ま せ ん ………謹 ん で お 詫 び 申 し 上 げ ま す」と、ゴッドマーズの原作となった『マーズ』の作者である横山光輝さんの漫画『バビル2世』に登場するロボットからの制裁を予告するという、あまりにもパワフルな文章を読者に突きつけました。人としての面白味がスゴい。

この世界の片隅に こうの史代 原作 漫画 実写版 ドラマ 掲示板 ファンページ バビル2世 ロプロス ポセイドン 「バビル2世」後ろの2体がロプロスとポセイドン(画像はAmazon.co.jpから)

 そして最後には、「これ『原作者が何度もお詫び』で拡散して貰えると嬉しいな!」とファンに懇願。刺激的なユーモアが存分に出た今回の書き込みでしたが、これがどのように捉えられ、拡散されるのかは“ゴッド”のみぞ知るのかもしれませんね。

この世界の片隅に こうの史代 原作 漫画 実写版 ドラマ 掲示板 ファンページ 原作コミック上巻表紙(画像はAmazon.co.jpから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」